漢字の感じ

2020年2月16日 (日)

「鉦」:ショウ、かね。

Photo_20200216081601

「鉦」:ショウ、かね。正しいお金?。不正な金の反対かな?

と思える漢字ですね。最近の世の中、経済界でも、政界でも、

いろいろ不正なお金が動いています。「お金」そのものには良

い悪いは無いんです、使う人の「思惑」で悪者にされるのです。

「鉦カネ」は正しい金ではありませんでした!。「チョンチョン」

と鳴る音をあらわす「擬声語」でした。軍隊の行進を止める時

合図として、たたいて鳴らす楽器だそうです。どこかの政治家

さんの行き過ぎを「ストップ」と鳴ならしましょうか・・。

2020年2月 9日 (日)

「証」:ショウ、あかし。

Photo_20200208162901

「証」:ショウ、あかし。「正+言」正しい言葉、言葉で正す、

証明、証言、確証、保証・・・。修了証書、卒業証書、免許証

随分いろいろお世話になってきました。今のところ、犯罪に関

する事件には、関係が無くて、証人や証言とは縁が無く過ごし

てきました。が、新聞やTVでのニュースにこの文字が多く見

られます。特に「証拠隠滅」証拠隠しや、書類廃棄、偽証など

の記事が話題になり、世の中の不条理に気が重くなりますね。

2020年2月 2日 (日)

「征」:セイ、ゆく。

Photo_20200201135401

「征」:セイ、ゆく。 正しく「彳:行」人だと読める漢字で

すね。ですが、この漢字を見ると、征服、征伐「出征兵士」と

長兄が戦争に駆り出された時を思い出してしまいます。

我が国の今のリーダーは、《戦争を知らない子ら》です。

中東地区で「戦争=人殺し」が続いてます。「自衛隊」は自衛

であるはずです。

征の意味は、真っ直ぐ、正しく行くのと、「正しく「行う」姿

を描いた漢字だとも。

また、「征税=税を征す」人民から取り立てるもの、と漢字源

に書かれてます。取り立てた税金、正しく使って欲しいですね。

「征」:セイ、ゆく。

Photo_20200201135401

「征」:セイ、ゆく。 正しく「彳:行」人だと読める漢字で

すね。ですが、この漢字を見ると、征服、征伐「出征兵士」と

長兄が戦争に駆り出された時を思い出してしまいます。

我が国の今のリーダーは、《戦争を知らない子ら》です。

中東地区で「戦争=人殺し」が続いてます。「自衛隊」は自衛

であるはずです。

征の意味は、真っ直ぐ、正しく行くのと、「正しく「行う」姿

を描いた漢字だとも。

また、「征税=税を征す」人民から取り立てるもの、と漢字源

に書かれてます。取り立てた税金、正しく使って欲しいですね。

2020年1月26日 (日)

「政」:セイ、まつりごと。

Photo_20200125152801

「政」:セイ、まつりごと。

 政は「正+攴(動詞)」で、正しく整えることを表す漢字

だそうです。よく似た漢字に「攻セメル」があります。「政治」

は「正しく攻めて治める」と読めますが、今の我が国の政治

屋さん達には、全くその志が見えない人が、多すぎますね。

言葉と行動が一致しないのは「嘘ウソ」です、むなしい口ぶり

です。国会の中継、法を破っても平気で虚言を吐き、全く反

省もない、「虚治家・嘘治家」さんの集まり、不安です・・。

2020年1月19日 (日)

「歪」:ワイ、ゆがむ、ひずむ。

Photo_20200119112701

「歪」:ワイ、ゆがむ、ひずむ。 否とそっくりの漢字です。

不は否定(…ではない)の意味を持ち、歪は「不+正」正しく

ない、真っ直ぐでない、ゆがんでいる様子を表す漢字です。

不の漢字は、不当、不平、不幸など、良くないイメージを持ち

ますが、富士山を不二山(二つとない山)と書くこともあって

字源を開くと「不」は菩フウ・ホ(つぼみ)の原字で、ふっくらと

ふくれた花のがくを描いた象形文字である、とありました。

たとえば、「杯」はふくれた形のさかずきのことで、否定語と

は限らないのです、世の中の歪みを正して欲しいですね。

2020年1月12日 (日)

「正」ショウ、まさ、ただしい。

Photo_20200112114801

「正」ショウ、まさ、ただしい。「正月」正しい月?とは。

他の月は「誤月」なのかな?・・。この「正」は「一+止」

これもまた、一度止まると読んでしまう字源説ですが、この

「止シ」は足首の形を描いた漢字で、一目標の線に向かって、

まっすぐ進む様子を示す漢字でした。

正月は、新しい目標に向かって真っ直ぐ進む、一年のスター

トを祝う気持ちの表れる熟語でした。

それにしても、毎年毎年、目標:夢を新たにして、スタート

してきました。今年も顔晴って、願貼り続けましょうか。

2020年1月 5日 (日)

「鼠」ねずみ。

Photo_20200105112501

「鼠」ねずみ。 今年は「子年(ねずみ)」です。

干支に猫がいないのは、ねずみに騙されて、遅れたからという、

ねずみにとっては迷惑な言い伝えですね。

漢字の鼠は、ねずみの姿を描いた象形文字だそうです。

今は「鼡ネズミ」と書き「ツ爪+用」で、猫が爪を磨く様子を

思い浮かべてしまいました。

ねずみと言えば、怪盗「鼠小僧次郎吉」がいますが、実は本物

は、あまり良い人物ではなかったそうです。

もうひとり、こちらは「ゲゲゲの鬼太郎」と「猫娘」に懲らし

められて改心する人の良い「ビビビのねずみ男」がいました。

目出度し目出度し。

 

2019年12月29日 (日)

「酋」しゅう。

Photo_20191229131101

「酋」しゅう。酋長は、未開の部族や、盗賊のかしらのこと、

酒を飲ませて部下を励まし、まとめる様子かな?、と思える

漢字ですね。実は、壺の中で醸造され、そとへ良い香気がも

れる様子を描いた漢字でした。発酵した酒を袋に入れしぼる

酒作り職人のかしらのことを「大酋タイシュウ」と呼び、仲間や

部族を引き締めるかしらの意味で「酋シメル長」と読んだそう

です。年末、忘年会です、が、近頃の若い部族は、忘年会な

ど「飲み会を嫌うようで、「部長」さん達困ってるとか?

2019年12月22日 (日)

「醸」:ジョウ、かもす。

Photo_20191222102201

「醸」:ジョウ、かもす。言弁の譲ユズルに似た漢字で、酒を

ゆずることかと思いました。

旧字は「釀」で右の字の上が「六」でなく「襄ジョウ;おおい

+口+口(衣の中に割り込ませる」様子で、酒を懐に取り込

んで、独り占めする・・・、酒のみのいやらしい姿ではあり

ません。

酉:酒ツボに蒸したお米と麹を入れて、じわじわと醸しだす

様子を表す漢字だそうです。


あと十日今年も納まりそうです、美味しい酒を持って、新潟

から娘婿殿が可愛い孫も連れてきています。

流感など注意して、クリスマスイブ楽しみます。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー