漢字の感じ

2019年10月13日 (日)

「赤」:セキ、あか。

Photo_20191012164501

「赤」:セキ、あか。 60歳の還暦に赤帽や赤いちゃんちゃん

こ、まさに赤子に戻る、生まれ変わりのお祝いの習慣ですが、

我が輩は恥ずかしいのでお断りしました。今年の米寿の金色の

お祝いも、断った憎らしいじ爺です。「赤」も文字の上は土か

な?と思いました、が赤は「大+火」で、大きく燃え上がる火

の色を表す漢字だそうです。新潟に住む娘の家が、寺泊の海岸

線、赤い夕日の美しさは、美事です・・・。

2019年10月 6日 (日)

「蛸」:ショウ、たこ。

Photo_20191005142501

「蛸」:ショウ、たこ。 海に生きる「タコ」「エビ:蛯」が

なぜ虫偏なんでしょう?。日本では「虫=昆虫」としてますが、

昆虫でない蛇・蛙・蝦など虫偏の生き物がいます。蛸の文字の

右の「肖」は削って細くする意味があり、中国語では細い足の

「アシナガクモ」または、細かいカマキリの卵を言うそうです。

日本では蛸の他に、鮹、鱆、章魚タコとも書きますが、たこの長

い8本足の姿が似てるので、たこ「海蛸クモ」と表現していたよう

です。「蛯えび」も似ていますね。

2019年9月29日 (日)

「独」:ドク、ひとり。

Photo_20190928131301

「独」:ドク、ひとり。 
「猿」「狼」「猪」など「獣ケモノ」の漢字に使う「犭ケモノヘン」は

犬の変形字だそうです。独は「犬+虫」でノミのことかな?と

思いました。が、ノミは、「蚤ノミ」と描く漢字があります。

独の旧字は【獨】で右の蜀は、大きな目で桑の葉にくっついて

離れない桑虫や、群れたがる羊と違い、一カ所にいて迎合しな

い犬を並べて「犬+蜀」と描く漢字でした。独立、独学、独走

、独唱、独力などと、良いイメージですが、独善、独占、独断、

独裁、独尊となると、どこかの総理大臣、大統領を思い浮かべ

てしまいますね・・・。

2019年9月22日 (日)

「蛞」:カツ、おたまじゃくし。

Photo_20190922103701

「蛞」:カツ、おたまじゃくし。
あの蛙カエルのこどもとは?イメージできない漢字ですね。虫の


舌シタ・ゼツ(したべら)と読むと、なお意味不明になります。


でも、蛞の右は「舌カツ」で、一括イッカツ(くくる)の漢字に使


われ、丸くくびれる様子を表す漢字でした。そう言われれば


丸い頭のおたまじゃくしを・・・、と簡単に思い浮かべられ


ない漢字です。漢字源を開くと「蛞蝓カツユ・なめくじ」とあり


ました。こちらは舌なめずりするイメージが浮かんできます。

 

2019年9月15日 (日)

「蛯」:えび。

Photo_20190914155401

「蛯」:えび。 えびがなぜ老いた虫なのか?。その姿が腰の


曲がった老人に似てるからとしても、海や川に住むのだから魚


偏の「鮱」が似合うと思い、字源を開くと「鮱オオボラ」でした。


えびは「蝦・螧・蛯」とみな虫偏です。かに:蟹もやはり虫で


、はさみや足がバラバラに「分解」できる「節足動物」で、甲


殻類で、魚類ではありませんでした。


羽のある羽虫は鳥類。犬猫ライオンと毛のある毛虫は獣類。体


毛のない人類は「裸虫:はだかむし」だそうです。

2019年9月 8日 (日)

蛛:チュウ、くも。

Photo_20190907144601

蛛:チュウ、くも。 朱色の虫、蝶々の幼虫かな?と思え


る漢字ですが・・・。この「朱」は、朱色ではなくて、空


中に樹木の「斬り株」の姿に似た【蛛網・クモの巣】を張


って、その中心でじっと止まり、昆虫を捕らえるあのくも


のことでした。漢字源ではくもを「蜘蛛チチュウ」と書かれて


います。知、知恵、賢い虫なんだ!。と感心して、良く読


み進んだら、なんと、蜘「知=踟(小刻みに進む)」虫を


表す漢字でした。雨後クモの巣がキラキラきれいです。

2019年9月 1日 (日)

「蜻」:せい。

Photo_20190901130501

「蜻」:せい。秋です、青空がきれいです。雲の形も軽や
かで美しく、とんぼがスイスイ飛び回ります。蜻:青虫の
ことかと思いました。「蜻蛉セイレイ」は、すっきりした姿の
「とんぼ」。日本語では「かげろう」とも読むそうです。
虫偏でなく、氵偏だと清(しみず)となりますね。「靑・
青」は、きよらか、すずしい、すみきった様子を表す漢字
でした。楽しく飛び回る昆虫と、草陰からすずしい鳴き声
を聞かせてくれる昆虫、どちらも秋の風情を楽しみます。

2019年8月25日 (日)

「羚」:レイ、リョウ。

Photo_20190824162401

「羚羊レイヨウ」は「かもしか」角が長くて、姿のきれいな
羊の一種の名前だそうです。「羊+令・鈴」で、羊が鈴
を付けて秋の草原を駆けてくる、涼やか爽やかな様子を
思い浮かべました。webの記事で、字形を見て、優しそ
うなので女の子の名前に羚子ちゃんと付けて、羚カモシカは
男っぽいんじゃないか?と言われて悩んでました。
改めてかもしかの写真を見て、角の無い優しそうな写真
もありました。ちなみに羊は雌でも角があり、雄でも角
が無いのも居るそうです。羚子さんは美人になります。

2019年8月18日 (日)

「玲」:リョウ、れい。

Photo_20190817132901

「玲」:リョウ、れい。

王ではなく「玉+令(すみきった)」で、玉が鳴るすずし

い音を表す漢字だそうです。「鈴々リンリン」は鈴虫の鳴き声

ですが、「玲玲レイレイ」は音がさえてさわやかな様子、色が

さえてあざやかな様子をあらわす熟語だそうです。


学生時代女友達に「玲子」さんが居ました、そういえば本

人が「私の名前の玲は、玉偏だから!」って自慢してまし

た。確かに丸顔で、可愛い目と唇でした・・・。

今どこでどうしてるのかな・・・。

2019年8月11日 (日)

「鈴」:リン、レイ、すず。

Photo_20190810163901

鈴:リン、レイ、すず。 
 「鈴」振ると令レイ(澄み切った、すずしい)すんだ音を
出す金属製のすずのこと。大昔には「土鈴ドレイ」で、今で
もカラカラと鳴る土産物がある。鳴り物は人の暮らしの中
で、大きな役があり、神事で巫女達が鈴を鳴らして舞う姿
を見かけることがある。従姉妹に「すうちゃん:鈴子」が
居た。名前のイメージで、四五歳年上の静かな美少女だっ
た。猫が好きで、その猫の首に小さな鈴がつけられ、チリ
チリと鳴らして甘えていた姿を思い出した。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー