« 2020年7月 | トップページ

2020年8月

2020年8月 9日 (日)

「溺」デキ、ゆばり、おぼれる。

Photo_20200808144201

「溺」デキ、ゆばり、おぼれる。

「氵みず+弱よわい」で川や海で水中に落ちる姿で、

「溺:ゆばり」は小便をする、小便をかける事だそうです。

  夏は木曽川河畔で遊び暮らす幼年時代、

溺れると《「ドチ(河童)」に引き込まれるぞ》と、脅された

こと思い出します。

この夏も各地で水難事故が起きています。

プールで泳ぎなれた人が、川や海で溺れることが多いようです。

「良く泳ぐ者は、おぼれる」と言います。

また、親に溺愛ドキアイされた子が、遊びに耽溺タンデキ(夢中になる)

して、惑溺ワクデキし、身を崩すことも多いようです。

2020年8月 2日 (日)

「溢」イツ、あふれる。

Photo_20200802100101

「溢」イツ、あふれる。

 右の益は利益、収益などもうけや得になること、を表す

漢字です。

「氵みず+益」水のありがたさを言うのかな?と思えます。

が、各地の豪雨や、洪水での被災は全く反対です。

「益エキ」は皿にいっぱいに水を入れた様子を描いた漢字で、

確かに十分なうれしい状態を見せています。

そこへ又「氵水」を足せば、「あふれてこぼれる」事にな

りますね。

九州の球磨川や、岐阜・長野の木曽川、山形の最上川の

洪水「氵+共」(両手いっぱいの水)の被災に、

新型のコロナウイルスの拡染など、国民の悲鳴が溢れてい

ます。経済優先の社会構造の方向転換を迫られています。

« 2020年7月 | トップページ