« 「畦」ケイ、あぜ、うね。 | トップページ | 「溢」イツ、あふれる。 »

2020年7月26日 (日)

「畑」はた、はたけ。

Photo_20200725151201

「畑」はた、はたけ。

「畠」は「白+田」水が無く乾いて白い田圃でした。

「畑」も、水を張らずに野菜を作る耕地で、草や米麦の

茎などを火で焼いて肥料にした、「焼き畑」を表す漢字

だそうです。

昔は、山間部で焼き畑は盛んだったようで、焼いた後の

作物は「蕎麦」が作られたようです。

焼くと言えば、オーストラリアが《異常気象》で広大な

土地が焼かれ多くの動物たちが焼死、大被害でした。

« 「畦」ケイ、あぜ、うね。 | トップページ | 「溢」イツ、あふれる。 »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「畦」ケイ、あぜ、うね。 | トップページ | 「溢」イツ、あふれる。 »