« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月26日 (日)

「政」:セイ、まつりごと。

Photo_20200125152801

「政」:セイ、まつりごと。

 政は「正+攴(動詞)」で、正しく整えることを表す漢字

だそうです。よく似た漢字に「攻セメル」があります。「政治」

は「正しく攻めて治める」と読めますが、今の我が国の政治

屋さん達には、全くその志が見えない人が、多すぎますね。

言葉と行動が一致しないのは「嘘ウソ」です、むなしい口ぶり

です。国会の中継、法を破っても平気で虚言を吐き、全く反

省もない、「虚治家・嘘治家」さんの集まり、不安です・・。

2020年1月19日 (日)

「歪」:ワイ、ゆがむ、ひずむ。

Photo_20200119112701

「歪」:ワイ、ゆがむ、ひずむ。 否とそっくりの漢字です。

不は否定(…ではない)の意味を持ち、歪は「不+正」正しく

ない、真っ直ぐでない、ゆがんでいる様子を表す漢字です。

不の漢字は、不当、不平、不幸など、良くないイメージを持ち

ますが、富士山を不二山(二つとない山)と書くこともあって

字源を開くと「不」は菩フウ・ホ(つぼみ)の原字で、ふっくらと

ふくれた花のがくを描いた象形文字である、とありました。

たとえば、「杯」はふくれた形のさかずきのことで、否定語と

は限らないのです、世の中の歪みを正して欲しいですね。

2020年1月12日 (日)

「正」ショウ、まさ、ただしい。

Photo_20200112114801

「正」ショウ、まさ、ただしい。「正月」正しい月?とは。

他の月は「誤月」なのかな?・・。この「正」は「一+止」

これもまた、一度止まると読んでしまう字源説ですが、この

「止シ」は足首の形を描いた漢字で、一目標の線に向かって、

まっすぐ進む様子を示す漢字でした。

正月は、新しい目標に向かって真っ直ぐ進む、一年のスター

トを祝う気持ちの表れる熟語でした。

それにしても、毎年毎年、目標:夢を新たにして、スタート

してきました。今年も顔晴って、願貼り続けましょうか。

2020年1月 5日 (日)

「鼠」ねずみ。

Photo_20200105112501

「鼠」ねずみ。 今年は「子年(ねずみ)」です。

干支に猫がいないのは、ねずみに騙されて、遅れたからという、

ねずみにとっては迷惑な言い伝えですね。

漢字の鼠は、ねずみの姿を描いた象形文字だそうです。

今は「鼡ネズミ」と書き「ツ爪+用」で、猫が爪を磨く様子を

思い浮かべてしまいました。

ねずみと言えば、怪盗「鼠小僧次郎吉」がいますが、実は本物

は、あまり良い人物ではなかったそうです。

もうひとり、こちらは「ゲゲゲの鬼太郎」と「猫娘」に懲らし

められて改心する人の良い「ビビビのねずみ男」がいました。

目出度し目出度し。

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »