« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月26日 (日)

醋:す。

Photo_16

 

醋:サク、す。 「酉+昔」昔の酒と読めます。今のお酒は

 

間が経っても変化しません。が、60年以上昔の酒は、すっ

 

ぱくなり、カビが生えたりして、飲めませんでした。すには

 

「酢」の漢字もあります。こちらも酒で作ると言う感じの漢

 

字ですが醋は時間が経って「出来た」イメージで、酢は「作

 

った」イメージがありますね。酢酸・醋酸どちらも強烈な刺

 

激臭を感じる字面で、漢字の味わいを再認させられますね。

 

「スッパい!!」

 

 

 

 

 

2019年5月19日 (日)

「醴」:れい。 

「醴」:れい。  「豊かなお酒」と読めます。が、一晩だけ醸してできた酒

で、ちょっと酒の味がする、甘酒、白酒、だそうです。

右側の「豊」の旧字は【豐】と書き、豆(たかつき)の上が「曲」ではなくて、

山の中に穀物の穂を盛り上げた様子を描いて、たっぷり、やまもり、ふっく

らしたイメージを表す漢字だそうです。豐醇な酒の味嬉し・・・。

今日は,新潟の婿殿と孫娘(二人とも日本酒党)が来ています。また格

別の新潟銘酒で乾杯・乾杯、ご機嫌麗しいことです。

 

Photo_14

 

2019年5月12日 (日)

醺:よう

Photo_13

「醺」:クン、よう。 「熏クン」は、すすの溜まった窓+炎で、

くすぶる、煙でいぶす「酒」?。ではなくて、ほろよいかげん 、

酒の香りがたちこめる様子を描いた漢字だそうです。

一見、「重い」イメージの漢字ですが、初夏の「薫風」のなか

で、いただく酒の味はまた格別です。娘婿殿が、ご馳走してく

れる、燻製のいろいろ、うまい!んです。用意してくれる酒も

新潟の銘酒で、冷や佳し😃。燗佳し😞。楽園に遊ぶ感じです。

 

 

2019年5月 5日 (日)

「醗」:はつ。

「醗」:ハチ、はつ。 「酉;酒+発」で「発泡酒」をイメージする漢字で

 

すね。右の発は旧字が「發ハツ」と書き上の「癶ハツ」は左右の足を開

 

いた姿で、下は弓をパッチッと弾き飛ばす様子を描いた漢字だそう

 

です。

 

だから、炭酸の入った酒が、プチパチはぜる様子がそのまんまの漢

 

字ですね。飲兵衛の我が輩には、「発泡酒」は苦手で、宴会で「まづ

 

はビールで・・・」が性に合わなず、生粋の酒がほしいんです。

 

漢字源を開くと、氵偏 の「溌ハツ(そそぐ)」扌偏の「撥ハツ(はねる)

 

などの漢字もあって、「発・發 」の元気が伝わってきますね。

 

Photo_12

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »