« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

損:そん

Photo

「損」:ソン、そこなう。 。「損」の右の員は「貝の口」と読めます。

貝がパクパクあえいでいる様子に見えて来ました。が、員は丸

い形の器を表し、円(圓)の原字だそうです。丸い物や、人の数

「員数」などを表す漢字となり、「扌:手偏」がつくと、丸い穴をあ

け凹めることを表し、くぼめて減らすこと、物がこわれ破損、利

益が減って損害、名誉を傷つける名誉毀損、などの熟語になり

ます。先日の大阪地方の地震や火災、交通事故など、被災に

よる損害は、その後の人生を大きく狂わせます。復活祈ります。

2018年6月17日 (日)

撲:うつ

Photo
「撲」:ボク、うつ。 急にぱんと、うつ、たたく、なぐる意味だそう

です。が、「相撲スモウ」は日本の国技で、本来は組み合い投げ

合いです。が、近頃横綱までが【張り手】で「たたき合い」見苦し

い場面を見せられます。関取が後輩を殴って、出場禁止!、

もってのほかですネ。「扌偏」が「人偏」になると「僕ボク」です。

右の字は奴隷が供え物をささげる様子を描き、作法を知らぬ

未熟な者を表す漢字だそうです。日本語では男が、自分を謙

遜して言いますが、年取ると「ボク」が気恥ずかしいです。

2018年6月10日 (日)

華:はな

Photo
「華」:カ、はな。 菊の花を描いたような、いかにも「華やか」な感

じの漢字です。草冠の下は、葉が「垂れ」ている姿で、まさに植物

の花の姿ですね。同じ花でも水仙とか、桔梗とかは、静かな風情

でこの華々しさはありません。「花と華」の違いは、華は中心が凹

みまるいはなを表し、花の「化」は、立った人がすわる姿で、蕾み

が開き、色が変わり、やがて散る、変化を表す漢字だそうです。

昔「支那チャイナ」が、今「中華民国」(中華人民共和国)に、「世界

の中心の華」だと自慢?できる、国柄を目指して欲しいですネ。

2018年6月 3日 (日)

菩:ぼ

Photo

「菩」:ホク、フウ、ぼ。 草冠の下は、音に似てますが、日と口と

違い、菩のほうは、ふくれる様子を表し、根のふくれた草の名前。

ふっくらした大根を言うそうです。音は「日が立つ」と読め、元気

な朝日のイメージですね、菩の下の「口が立つ」のは、「お経」を

朗々とをあげる様子をイメージします。「菩薩ボサツ」は仏の次の

有徳者を表し、「菩提ボダイ」は、「極楽往生」をすること。煩悩を

捨てて悟サトルこと、悟りえた知恵のこと、を表す漢字だそうです。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ