« 默:もく | トップページ | 嗅:かぐ »

2018年1月14日 (日)

臭:くさい

Photo

「臭」:しゅう、におい、くさい。 旧字は「臭:自+犬」で「大」は略

字です。上の「自」は鼻を表し、自分;私を鼻を指さしてしめすこ

とから、「鼻=自分」と転用されたようです。臭は、犬がにおいを

嗅ぎまわる様子ですね。臭と嗅は、どちらも「キュウ」と読みまし

たが、臭が「におい」をあらわす名詞、嗅は「においをかぐ」動詞

となりました。「臭気シュウキ(くさくていやなにおい)」「臭聞シュウブン

(いやなうわさ)」など、悪臭、くさい、悪いイメージとなり、「臭い

物にはふたを・・・」などと言われる、可哀想な漢字ですね・・・。

« 默:もく | トップページ | 嗅:かぐ »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 默:もく | トップページ | 嗅:かぐ »