« 烽:のろし | トップページ | 焙:あぶる »

2017年10月 8日 (日)

煌:あきらか

Photo

「煌」;コウ、かがやく、あきらか。 「皇・天皇」の火、偉大で大きく

広がる火で、「煌煌コウコウ」とひかり、かがやく、または、光であか

るく、あきらかになる様子だそうです。「皇」上は白でなく自の略、

自は鼻→はじめで、「自はじめ+王」は、一番はじめの王のこと

だそうです。敦煌;地名、シルクロードの分岐点、。中国の歴史

文化の重要地域。輝煌は、それこそ光り輝く有様です。左の偏

が行人偏になると、「徨」は「彷徨ホウコウ」で、「皇(ひろく)行く」

ふらふらと、さまよい歩く様子となります。困ります・・・ネ。

« 烽:のろし | トップページ | 焙:あぶる »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 烽:のろし | トップページ | 焙:あぶる »