« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月24日 (日)

焚:たく

Photo

「焚」:フン、やく、たく。  「かきねの かきねの まがりかどたきび

だたきびだ おちばたき」、前のお宮の落ち葉が毎日ごみ袋一杯

づつ…。焚き火が出来た頃が懐かしいです。「林+火」林が燃え

る、と読めば、怖い漢字ですね。字源の頁には「焚舟フンシュウ」は

舟を焼いて戻らない必死の覚悟、「焚灼フンシャク」は火あぶりの刑、

「焚如フンジョ」は火事などと、厳しく恐い熟語が並んでいます。

「 さざんか さざんか さいた みち たき火だ たき火だ おちばたき

あたろうか あたろうよ しもやけおててが もうかゆい」良いですネ。

2017年9月17日 (日)

炭:すみ

Photo

 

「炭」:タン、すみ。 「山+灰」で火山灰が思い浮かぶ漢

字です。が、「山+厂(崖がけ)+火」で、山の中から掘り

出した火の原料「石炭」を表す漢字だそうです。木で出来る

すみが「木炭」です。「炭素」「炭酸」「二酸化炭素」なぜ

「炭」の文字が使われているのか検索。carbonカーボンはラ

テン語のcarboカルボから。日本では江戸時代に「炭素」と

学者がつけたそうです。

 

炭は軽く思われていますが、炭素だけで出来たダイヤモンド

はけっこう高い価値が付いていますね。

 

 

 

2017年9月10日 (日)

火:ひ

Photo

「火」:カ、ほ、ひ。 「燈火親しむ秋・・・」です。火は燃える様子を

描いた象形文字で、焼、爆、灯、炬、燵・・・、と多くの漢字に使わ

れています。炭火焼きを楽しむ、熱燗で一杯・・・、良いですネ。

昨日東名高速で、バスが火災事故で全焼しました。死傷者が無

くて幸いでした。火を「カ」と読むときは火災、火宅、火炎など、強

い、きつい感じの熟語ですね。字源に「ほ」と読む例「火糞ホグソ」

(ろうそくの燃えがら)のこと、勢いが無くなりますね・・・。

炉端を囲んで、熱燗一献楽しみましょう。

2017年9月 3日 (日)

放:はなす

Photo

「放」:ホウ、はなつ、はなす。 放漫、放埒(やりたい放題)、放言

(言いたい放題)と並ぶと、酷い印象の漢字ですね。こんな上司

は放逐・追放したくなります。でも、旁の「方:ホウ、かた」は、←→

のように、左右、上下に直線上に伸びる様子を表す漢字だそうで、

方向、方正、方針、方策など、行く先を指し示す、真面目な印象の

漢字ですね。「放:はなつ・す」は放牧のように、自由に放し飼いに

するイメージ、「自由奔放」も、開放的でのびのびした印象を与える

漢字でもありますね。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ