« 敏:さとし | トップページ | 敢:あえて »

2017年7月23日 (日)

敦:あつい

Photo

「敦」トン、あつい。 敦の左の部首は、建物の下のずっしりとした

土台を示す漢字だそうです。「享」ではなく下の「子」が「孑」です。

敦は安定、重厚な様子を表す漢字で、あつし、おさめる、せまる、

つる、よい、などの読みが有り、敦賀(つるが)福井県の地名です

が、「賀:めでたく、敦:おさめる」イメージですね。敦夫さん、重み

のある夫(おとこ)吾が娘の夫君。敦子さん、静岡富士市から、全

国アチコチ、個性美学の伝導を続けてくれてる若き同志。感謝。

« 敏:さとし | トップページ | 敢:あえて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敏:さとし | トップページ | 敢:あえて »