« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

価:あたい

Photo

「価」:カ、あたい。 「価値カチ」は事物の値打ちを表す熟語です。

「値」:チ、ね、あたい。どちらも、「あたい」と読みますね。値は、

人+直、人が「直視」まともに見る姿だそうで。価は、人が西を

見る…のかな?と思いましたが、旧字は「價」で右の賈コは、貝

(財貨)を「覆」い隠すようすを描いた漢字だそうです。「價」は、

買いだめして、隠しながら売(賣)る、商人のつけた「売値」の事

という説がありました。「春宵一刻値千金」(やがて来る、おぼろ

な春の宵の気分は《あたい》千金)では、「價」より「値」ですね。

2017年2月19日 (日)

伝:つたえる

Photo
「伝」:デン、つたえる。 「イ(ひと)」が「云(いう)」思いを他者に云

う様子を表す漢字ですが、旧字は【傳】で旁が「云」でなく「専せん」

でした。専門・専一など、それ一筋の意味で、ただ「云う」だけでは

ない感じの漢字でした。字源によると、【傳】の専は糸に撚りをかけ

る「丸いおもり」で、まるい物を「転」がすように、次々に伝える意味

をあらわす漢字だったのですね。「伝と傳」本来の意味も捨てがた

い感じの漢字に思えてきました。小学生には「傳」より「伝」の方が

書きやすく、覚えやすいかな・・・・。

2017年2月12日 (日)

侍:さむらい

Photo

「侍」;ジ、はべる、さむらい。 「寺の人」で若いお坊様のかな?、

と思える漢字です、「侍従ジジュウ」身分の高い人の近くに仕える人

を言う漢字でした。さむらいには、侍と士(武士)がありますね。侍

は侍女と、女性にも使われますが、士は男の象徴が突き立つ様子

を描いた文字で、おとこ、成年男子をあらわす漢字でした。侍の右

の「寺」は、寸+士(あし)で、手足を動かし雑用をする意味の漢字

で、お寺のことではなっかったそうです!。驚きました。昔、西域か

ら来た僧侶を接待した所を寺と言うようになったそうです。

2017年2月 5日 (日)

供:そなえる

Photo
「供」:キョウ、とも、そなえる。。「供=人+共」の「共」は両手で何

か捧げ持つ様子、「おそなえ」を持つ人の姿を表す漢字だそうで

す。供物クモツは、神仏におそなえする物。提供は差し出すこと。

お供トモは貴人に付き従う。などの熟語がありまね。 「子供」は、

親のお供(家来)ではありません。共は両手をそろえて捧げ持つ

姿、共に並ぶ状態です。子供が好きです。毎朝前を通学する児

童達の明るいあいさつ、元気をもらいます。おはようありがとう。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ