« 帝:みかど | トップページ | 跪:ひざまずく »

2016年9月 4日 (日)

帛:きぬ

Photo
「帛」:ハク、きぬ。 「白い巾(ぬの)」は、白い絹布を言う漢字

だそうです。帛:ぬさと読むと、神前に供える白い布を言うよう

です。「帛紗フクサ」は、茶の湯で使う四角の布で、「袱紗」と同じ

ものだそうです。白はしろ、ハク、あきらかなどの読み、潔白で

汚れの無い印象が強い漢字です。白い頭巾をかむり、静かに

舞う巫女の姿に見えて来ました。上の「白」が「口」になると、

「吊す」、何かをぶら下げた様子を描いた漢字になります。

« 帝:みかど | トップページ | 跪:ひざまずく »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帝:みかど | トップページ | 跪:ひざまずく »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ