« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月24日 (土)

距:へだつ

Photo

「距」:キョ、こばむ、へだてる。 右の「巨」は、「 I 」型の定規に

取っ手をつけた姿で、両端が離れて、「巨大」の意味を表す漢字

だそうです。八十数年の人生で、多くの出逢いがあり、又別れも

ありました。距ヘダたり、二人の間の距離感…、寂しい想い出もあ

ります。足偏が手偏になると「距絶:拒絶」、こばみ寄せ付けない、

頑なな姿を感じる漢字に見えて来ました。「距」は巨人(大きい人)

の足と読める漢字です。巨(大きな)心で受け入れ、歩み寄り、包

みこむ人間関係を…と念願します。

2016年9月18日 (日)

跨:またぐ

Photo

「跨」:コ、また、またぐ。 大きく開いた両足の間を表す漢字で、

股、胯と同族の漢字だそうです。右の「夸カ」は、大きく「へ型」に

ひらく様子を描いた文字で、「袴ハカマ」は両足をひらいて跨ぐよう

にはく和装のズボン?ですね。言偏になると「誇ホコリ」、「足が誇

る」?…、誇張する、誇示する、誇大な様子、大げさで、滑稽な

イメージを感じます。「足柄山の金太郎、熊に跨がりお馬の稽古

、はいしどうどう、はいどうどう」  子供時代を思い出します。

2016年9月11日 (日)

跪:ひざまずく

Photo
「跪」:キ、ひざまずく。 「足が危ない」と読めます。近頃、足腰が

弱くなり、一日中机に向かっていると、膝や腰が痛み、「足+危」

の状態です。「危」は、「厂(がけ)の上と下に、人のしゃがむ」不

安定な様子を描いた漢字で、「跪:ひざまずく」は、両ひざを地面

につけ、ももを立ててすわる、かしこまった状態を表す漢字だそ

うです。たしかに長く続けると、ひざを傷める危険な姿ですね。

今気づいたのですが、左の文字は「足」ではなく、「口+止」と書

き、走るでなく止まっています……ネ。

2016年9月 4日 (日)

帛:きぬ

Photo
「帛」:ハク、きぬ。 「白い巾(ぬの)」は、白い絹布を言う漢字

だそうです。帛:ぬさと読むと、神前に供える白い布を言うよう

です。「帛紗フクサ」は、茶の湯で使う四角の布で、「袱紗」と同じ

ものだそうです。白はしろ、ハク、あきらかなどの読み、潔白で

汚れの無い印象が強い漢字です。白い頭巾をかむり、静かに

舞う巫女の姿に見えて来ました。上の「白」が「口」になると、

「吊す」、何かをぶら下げた様子を描いた漢字になります。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ