« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

易:やさしい

Photo
 

「易」:イ、エキ、やさしい。 日は長くなっていますが、あっと云う

間に正月が過ぎました。易は、「日+勿(なかれ)」一日々々をお

ろそかにするな!と読めます…。が「易」は蜴トカケやもり゙の原字

で、平にへばりつき、縦横自由に動き回る様子を描いた漢字だ

そうです。容易ヨウイとか、平易ヘイイとか、やすらかな状態を言う

熟語がありますね。易者エキシャ、易経エキキョウは、人の相の移り

変わりを占う人や、経典です。辞書をひらくと、この易を使う熟

語が沢山で、「辟易ヘキエキ(閉口して退却するさま)」します。

2016年1月24日 (日)

譟:さわぐ

Photo
「譟」:ソウ、さわぐ。 そうですね、木の上に口が三つで、ギャア

ギャアと鳥が鳴き、騒がしい様子を想像できる漢字ですね。譟に

似た漢字に、扌偏で操あやつる、足偏で躁さわぐ、糸偏で繰たぐ

る、火偏で燥かわく(乾燥)などがありますが、それぞれその様子

が想像できます。同じ「さわぐ」に「騒ぐ」訝ありますが、騒ぐは馬

が「蚤ノミ」に刺されて、いらついてガサガサ「足搔アガ」く様子を描

いた字で、どちらもうまい表現で、漢字の面白さに感心します。

2016年1月23日 (土)

譟;

2016年1月17日 (日)

詮:せんずる

Photo
「詮」:セン、えらぶ、せんずる。 「詮索センサク」必要のない細か

いところまで、うるさく調べて話題にする。週刊誌で、有名人の

私生活をいろいろ書き立てる風潮が、目に余ります。本来の

「詮」の語意は、言を全(あつめる)、ことばをそろえて、物事の

道理を明らかにすることだそうです。普段あまり見掛けない漢

字で、かるく読んでいましたが、会議の好きな?会社では、何

時も集まって「詮議」(資料を集め、あれこれ相談して、物事を

取り決める)面倒で、時間を無駄にしてる?と聞きます‥が。

2016年1月10日 (日)

誂:あつらえ

Photo_2

「誂」:チョウ、いどむ、あつらえる。 日本語では「あつらえる」で

すが、漢字では「いどむ」だそうです。「挑発」の挑は、言偏で無

く扌偏だと、思い込んでいました。「兆」は、亀の甲のひび割れで、

「兆し(予想)」を読むことから、二つに割れる様子の象形文字だ

そうです。「挑む」は手で二つに引き離すこと、「誂」は言葉でから

かって、引っかける様子を言うようです。が日本語で「誂:あつら

える」は、色々取り合わせてこしらえる、注文して作らせること、

上手く事が運ぶと「お誂え向き…」と良いイメージの文字ですね。

2016年1月 3日 (日)

「申」さる

Photo

「申」シン、さる、のべる、もうす。 今年は「申サル年」成長発展の

年運だそうです。漢字の「申」は、雷の光が屈折して天空を走る

姿を描いた文字で、屈伸しながら、明るく、発展する様子をイメー

ジできる漢字と言う事です。 のべるは、思いをまっすぐ伸ばし伝

えること、「伸」は手でまっすぐのばす様子。「申す」もうすは、目

上の人に、気持ち思いを丁寧に申し上げることを言います。

今年も始まりました、色々計画を、想い描き、岐阜地方は、上天

気の三が日です。 「今年もよろしく、お願い申し上げます」安心。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »