« 孝:こう。 | トップページ | 享:うける »

2015年9月20日 (日)

存:ある

_edited1

「存」:ソン、ゾン、たもつ、ある。 日本語では「ご存じ・・・」など、

知っている、心得ている、の意味に使いますね。「才」;川をせき

止めるせきの象形文字に「子」、「土」になると「在ザイ」、あり、あ

る、そこにとまっている様子を表す漢字です。「存」は、残された

「孤児」をいたわって大切にとどめると言う、慈愛のこもる漢字だ

そうです。そう言われれば幼い子を、囲い守る「お地蔵さん」の

イメージが、ピッタリする感じの漢字に見えて来ました。

« 孝:こう。 | トップページ | 享:うける »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孝:こう。 | トップページ | 享:うける »