« 諄:ねんごろ | トップページ | 訥:とつ »

2015年3月 7日 (土)

詰:なじる

Photo_2

「詰」:キツ、つめる。なじる。 「詰問」問いただす、きびしく責める。

「言」+「吉:よい、めでたい、さいわい」と読めるのに、何故きびし

い意味になるのでしょう。結:むすぶの右も同じ「吉」ですね。どち

らも口からいっぱいつめて、上からふたをした様子を描いた漢字

だそうです。同級生に「吉田」君がいました。吉の上が「土ツチ」と

書いていました。パソコンでは「吉ヨシ」も「吉キチ」も上が「士サムライ」

です。土を耕すお百姓さんと、武士の士では、昔は大きな違いでし

たが・・・。あまり、深く問い詰めない方が「吉兆」になりそうですネ。

・・・・・・・・・・・・・・・。

« 諄:ねんごろ | トップページ | 訥:とつ »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 諄:ねんごろ | トップページ | 訥:とつ »