« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月25日 (土)

煙:けむり

Photo
「煙」:エン、けむり。 煙草;たばこ!。18 歳から48歳まで、一日

セブンスター三箱の、ヘビースモーカーでした。 35年前、禁煙は

大変でした。でもその体験で、「俺も、やれば出来る!」の自覚を

持てたことを思い出します。煙は「火+垔エン(香炉から立ち昇る

けむり)」で、火が燃えてたつけむりを表す漢字だそうです。書い

てみると、「西の土の火」と読めます、今では、たき火が禁止され

て、秋の夕暮れ、夕日が沈む西の田圃で、稲わらを燃やす煙が

たなびく風景…、懐かしいです。寺の鐘の音も聞こえません…。

2014年10月19日 (日)

燗:かん

Photo
「燗」:にる、かん。 酒のおいしい季節です。拙者肝機能の障害

でγ値が700(通常80)まで登り、ドクターストップ。 半年完全

断酒。120まで下がり、コップ一杯(一日三合だった)に節酒中、

そのおいしさ、をちびりちびり…やっています。「燗」は爛が本字

で、右の旁は「闌ラン」で、漢字の意味は、ぐたぐたになるほどよ

く「煮る」ことだそうです。日本語では、お酒を程よく温めること、

八代亜紀の「お酒はぬるめの 燗がいい肴はあぶった イカ でい

い女は無口な ひとがいい…」の歌詞がいい…ですね。

2014年10月12日 (日)

炉:ろ

Photo

「炉・爐」:ろ。 炉は旧字で「爐」と書きました。「盧;ロ」はまるいつ

ぼを表す漢字で、火を入れるつぼ「こんろ」、または大きい「かま

ど」の意味だそうです。田舎家の、炉端…。風情がありますね。

実は、新潟の娘夫婦が、古民家を購入して、いろいろ楽しい様子

を、フェイスブックで見せています。居間には、しっかり「炉」がり、

部屋の中で薪を焚く…。薪小屋にたっぷりと薪が積まれて、いよ

いよ「炉端の季節、婿殿と新潟の銘酒を一緒にやりたいと言うの

が、老輩の夢です。

2014年10月 5日 (日)

燈:ともしび

Photo
「燈」:トウ、あかり、ともしび。 秋ですね、「燈火親しむ候」になり

ました。「灯火」と「燈火」と二つの漢字があります。燈は、登(高く

あげる)ともし火を表し、灯は、丁(停、とめるおく)あかりを言う漢

字だそうです。「燈火親しむ」とは、秋の夜長、静かに読書を楽し

む様子を言う言葉ですね。でも近頃「読書」よりパソコン画面を見

てる時間が長くなっています。おととし、両目の白内障を手術して、

すっきりはっきりさせてもらいましたが、少々見えにくくなってきて

ます。時々外へ出て、青空を眺めて、目を休ませています。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »