« 楠:くすのき | トップページ | 類:るい »

2014年6月 1日 (日)

枇:び

Photo
「枇」:ヒ、び。 木偏に東「棟」。西で「栖」。南で「楠」。北では「?」

漢字がありません!。少し似ているのが枇杷ビワの「枇ビ」でした。

「木+比(ならぶ、くらべる)」、この「比(ならぶ、くらべる)」は人が

並ぶ姿を描いた文字で、実がびっしり並んでなる木が「枇杷ビワ」

だそうです。「東西南北」そろって漢字にして欲しい所ですが、北

だけが無いんです。何故?でしょうか。「比」は、人が同じ方向を

観て並んでいます。「北」は、背を向けて背中合わせの並び方な

のです。寒い北側では、木も育たないよと言うことでしょうか。

« 楠:くすのき | トップページ | 類:るい »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楠:くすのき | トップページ | 類:るい »