« 顕;あきらか | トップページ | 頌:たたえる »

2014年3月30日 (日)

頼:たのむ

Photo

「頼」:ライ、たよる、たのむ。 「頁を束タバねる」「頁:頭を束ねる」

と読めますが、意味が?ですね。この「頁」は頭の略字では無くて

「人+貝(財)」で「他人の金」をたよる様子を言う漢字だそうです。

強い依頼心の集団や、ならず者「無頼の連中」がのさばる近頃、

信頼出来る、「頼もしいリーダー」が求められます。

政界の「他人の金だのみ」のニュースには、情けなくなりますが、

スポーツの世界で、若い人達の活躍は頼もしく輝いてますね。

・・・・・・・・・・・。

« 顕;あきらか | トップページ | 頌:たたえる »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 顕;あきらか | トップページ | 頌:たたえる »