« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

飢:うえる

Photo

「飢」:キ、うえる。 今年もあと二日!。アッと云う間に過ぎ去った

感じです。 久しぶりに娘と孫娘たちが、クリスマスイブに帰省して

くれました。普段は二人だけの食卓が、七人の賑やかさで、食卓

が満杯でした。色々「飾って」楽しく、嬉しい、一時でした。さて「飢

ウエ」の字は、「几(机ツクエ)」の上に食がある様子が思い浮かびま

すが、「飢える」と読む不思議な漢字ですね。「飢餓 」。時々TVニ

ュースで、ひもじくて、ゴミの山をアサル子供たちの姿を見せられ

、胸が痛みます…。今年の漢字が「輪」だそうです。大きな愛で、

地球全体に「安全・安心」の「和」が拡がることを念じます。 

・・・・・・・・・・・。

2013年12月22日 (日)

餌:えさ

Photo

「餌」:ジ、え、えさ。 耳を喰う?。沖縄では「豚耳・ミミガー」が重

宝されるようです。が、この漢字は、柔らかい耳のようなに、粉で

ねった食べ物を言う漢字だそうです。鳥の餌・エサや魚を捕る時に

使う「練り餌」ですね。人をつる餌(賄賂)が取りざたされる最近の

政界・財界は、中国のことだと油断できませんね。さて、食通人・

美食家は、美味しいものには目が無く、聞き耳たてて、旨味所を

探し当て、目を細め、耳たぶさすって、ご満悦…。    

・・・・・・・・・・・・。

2013年12月15日 (日)

餞:はなむけ

Photo

「餞」:セン、おくる、はなむけ。  金偏の「銭セン」は、銅で出来た

小銭で、老輩の子供時代には「一銭銅貨イッセンドウカ」が、お小遣

いでした。旧字は「錢」で、右の「戔」は小さくけずる意味、まさに

小銭を表すかんじですね。食偏の「餞別センベツ」は、小さい宴会

を言う文字で、旅立つ人を見送るとき、酒食を共にして、旅の無

事を祈る小宴、酒や料理、はなむけの金品の贈り物を言うので

すね。だから、「センベツ」を「銭別」だと、勘違いしてました。 

・・・・・・・・・

2013年12月 9日 (月)

館:やかた

Photo
「館」:カン、やかた。 旅館・公民館・映画館など、多くの人が集

まる大きい建物を表す漢字です。が「官」つかさ、役人が食事を

する家、今の中国で粛正されてるお役人たちの、良くないイメー

ジにつながる感じの漢字ですね。土・日曜日は関西空港の隣街、

りんくうタウンのホテルで、個性美学の姉妹団体のきもの着せ付

け技術を競う「プロ選手権大会」がありました。 数百人の女性の

素敵なきもの美人が集い、麗しの「美女の館」の中で、審査や講

評を担当させていただいた、幸せな二日間でした。  

2013年12月 1日 (日)

餅:もち

Photo

「餅」:ヘイ、もち。 十二月です!。新潟に住む娘からお持ちが来

ました。正月を迎える準備…、昔はわくわくしました。今では正月

そのものが普通に過ぎて行きそうです。「お餅」も搗きません、老

夫婦二人、おせちも買いません、平常の食事で過ごします。正月

のお雑煮…、地方によって切り餅と丸餅に分かれますね。岐阜美

濃地方は切り餅です、具は「正月菜」葉っぱだけ、あとは何も入り

ませんでした。「餅」の字は「幷・ヘイ」平たくすると書きますから、切

り餅の姿を表してるようですね。焼き餅・磯辺焼き美味しいです。

・・・・・・・・・・・。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »