« 足:たる | トップページ | 跳:とぶ »

2013年6月 9日 (日)

践:ふむ

Photo

「践」:セン、ふむ。 旧字は「踐」で、足に「戔セン:小さい」と書き、

小刻みに歩く姿だそうです。銭・錢(ぜに)、賤(いやしい)などの

文字にも使われる漢字ですね。最近、「実践」と言う熟語が目に

付きます。知ってる事とやっている事の違い、知識人より実践人

の生き方の大切さを、勧める言葉をよく見ます。確かに物事を成

し遂げた人達は、こつこつと、細やかに実践し続けられています。

まさに、足踏みを続けるような、践言(言ったことを実行)、践修

(決まったように実行)をされています。老輩も続けます…

・・・・・・・・・・。

« 足:たる | トップページ | 跳:とぶ »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足:たる | トップページ | 跳:とぶ »