« 鍋:なべ | トップページ | 録:ろく »

2013年1月27日 (日)

鉛:なまり

Photo

「鉛」:エン、なまり。 金属なのに柔らかく、熱で溶かせば水のよう

に流れるので、金偏に「ハ(水がわかれ流れる)+口(あな)」の字

をつけた漢字だそうです。昔、役者や芸妓が、化粧に使った「おし

ろい・白粉」は、鉛の酸化した白い粉末で出来ていて、常用してい

て鉛中毒で、病気に患かる「鉛害」が話題になったことがありまし

た。さて、今は「シャープペンシル」に変わってきましたが、「鉛筆」

は便利な筆記具です、でも、こちらは「黒鉛C(炭素)」で、鉛が含ま

れていると勘違いして付けられた名前だそうです。 

« 鍋:なべ | トップページ | 録:ろく »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍋:なべ | トップページ | 録:ろく »