« 梯:はしご | トップページ | 梶:かじ »

2012年4月12日 (木)

杵:きね

Photo_4

「杵」:ショ、きね。   臼:うすに入れた、穀物などを「つく」槌形の

道具です。 もともと、きねは「午」と描いた象形文字だったのが、

[午」が十二支(えと)の「午ウマ」に当てられたので、区別をするよ

うに、木偏をつけ「午→杵」になったそうです。「午」は、上下に動

かして、餅を搗く様子を表し、干支(えと)の午ウマは、十二のまん

中で、次の数に変わることを表し、午前・午後の「午コ」゙も時間が

交差する時を表す、漢字として使われているのだそうです。

・・・・・・・・。

« 梯:はしご | トップページ | 梶:かじ »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梯:はしご | トップページ | 梶:かじ »