« 杯:さかずき | トップページ | 林:はやし »

2012年4月 9日 (月)

桐:きり

Photo

「桐」:トウ、きり。 軽くて真っ直ぐで、湿気を吸わない木材として

、たんすや琴、下駄などに重宝された木の名前ですね。 右の同

は、筒・胴にも使われて、中が筒抜けになっている様子を描いた

漢字だそうです。桐の幹がそうですね。家紋に「桐紋」があります

、菊の御紋とならんで、高貴な皇室の家紋です。昔は、信長や秀

吉が拝領して、大切にしたと言われています。 今では、パスポー

トの表紙に印刷されていて、日本国の象徴、「国紋」ですね。

・・・・・・・・・・。

« 杯:さかずき | トップページ | 林:はやし »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杯:さかずき | トップページ | 林:はやし »