« 暁:あかつき | トップページ | 梅:うめ »

2012年3月 5日 (月)

覚:おぼえる

Photo

「覚」:カク、さめる、おぼえる。 感覚、知覚など、感じて意識する

、気づいて理解する意味の漢字ですね。旧字は「覺」で、学校の

「学:學」とそっくりです。覺の上部は「両手(教える手と受ける手)

の間で、爻コウ(交差)する」 様子で、学は中で「子供」がまなび、

覚は「見聞」した事柄をおぼえる様子ですね。 覚は、「さとる・さと

す」ハッと気づく、気づかせる意味もあり、視覚・聴覚などの感覚

、覚悟・不覚など、心構えについても使う意味の広い漢字ですね。

・・・・・・・・。

« 暁:あかつき | トップページ | 梅:うめ »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暁:あかつき | トップページ | 梅:うめ »