« 苛:からい | トップページ | 芬:かおり »

2012年2月13日 (月)

芦:あし

Photo

「芦」:ロ、あし。 旧字は「蘆ロ」でした。下の「廬」は丸い穴の筒の

ことで、細い管の草の名前ですね。なぜ「芦」で、戸になったんで

しょう?。 もと廬は、まるい壺型の小屋、粗末な「いおり」を表す

漢字だったようで、簡単に「戸」だけに略したのでしょうか?。 戦

後「漢字制限」」によって、意味の深さや、味わいがずばずば切り

捨てられて、小学生には、ありがたいことですが、大人になって、

漢字と日本語の深い味わいが、楽しめなくなっていますね。

・・・・・・・・。

« 苛:からい | トップページ | 芬:かおり »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苛:からい | トップページ | 芬:かおり »