« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

茂:しげる

Photo_3
「茂」:モ、しげる。 今年の冬は、日本海沿岸地域で、大雪が降

りつづけています、「春」はまだまだ!。何をノホホンぼけてるか

、と言われそうです。 新潟に暮らす娘一家、その大雪の中で、

雪との闘い、ブログで時々報告をみていながら、つい、穏やかな

美濃の国の中から、とぼけた事を…と反省してます。だからこそ

春よこい、早く来いと歌いたくなる、閏年のおまけの「一日」です。

でも孫娘は、春休みに入ったようで、やや安心しています。

・・・・・・・・。

2012年2月28日 (火)

茎:くき

Photo_2

「茎」:ケイ、くき。 旧字は「莖クキ」でした。草が伸びて、葉っぱや

花を支える、まっすぐのびた部分を言います。 下の「巠」は「經;

経」などに、使われる文字で、真っ直ぐ伸びる意味の文字だそう

です。旧字の「巠」は、工の上に「くくく」が「一」で押さえられて曲

がる姿ですが、「茎」の方が、土から又(もっと・さらに)のびる草

のイメージが感じられて、草木の茎の勢いを表している漢字に

見えてきます。今年は二月も一日多い閏年、早く来い春~

・・・・・・・・。

2012年2月27日 (月)

荒:あれる

Photo

「荒」:コウ、すさむ、あれる。 三月が来ます、去年を思い出しま

す。テレビでの画面でさえ、恐ろしい津波、現実での荒々しい状

況でした。今も、放射線被害で手のつけられない、荒涼とした町

の映像、心が傷みます。「荒コウ」の下部は、亡:ない(何も見えな

い)+川と書いて、むなしい川、それの草冠で、草も無い荒れ地

を描いた漢字だそうです。「荒城の月」かっての栄華を偲ぶ想い

…。今被災地の人々は、明日を信じて生ておいでですね。

・・・・・・・・。

2012年2月26日 (日)

苫:とま

Photo_3

「苫」:セン、とま。 下の「占セン」は、占い師、星占いなどの意味

と、占領、独占など、独り占めする意味がありますね。それに草

冠で「苫」、草で占いをする?、草を独り占めする?、不思議な

漢字ですね。「苫小牧トマコマイ」は、アイヌ語の「沼の奥にある川」

を意味する「トマコマナイ」に、当て字をしたので、意味は無いよ

うです。とまは、すげ・かやの筵ムシロを、かぶせて、雨露 の一時

しのぎに用いたものだそうです。草の下を占拠する姿でしょうか。

・・・・・・・・。

2012年2月25日 (土)

苗:なえ

Photo_2

「苗」:ビョウ、なえ。 田に草と言えば、田圃に植える前の、細い

稲のなえや、生えたばかりの植物のことですね。早苗:さなえは

田植えの頃の、これから、元気な稲に育つ活き活きした、イメー

ジですね。 家の名称「名字」のことを「苗字ミョウジ」と書きますが

、「苗族ミョウゾク」(血筋のつながった遠い子孫)のように、細い苗

でも、ほそぼそとつながることを、表す漢字のようです。春には

北国にも、苗代ナワシロに、田植えが出来ることを祈ります。

2012年2月24日 (金)

苦:にがい

Photo

「苦」:ク、くるしい、にがい。 昨日の「若」わかいに、よく似た漢

字です。が、こちらは古い草と書き「くるしい・にがい」事を、表す

漢字ですね。「古」は固い頭骨を描いた文字で、苦は乾いて固く

こわばってつばが出ない、にがい味のする草(植物)を言う漢字

だそうです。東北の震災から、一年…。時々のニュースで知らさ

れる情報で、被災地の人々の苦しみを…想い、寒さが伝わって

きます。苦クルしく苦ニガい思いを、軽くする春が待たれます。

・・・・・・・・。

2012年2月23日 (木)

若:わかい

Photo

「若」:ジャク、もし、ごとし、なんじ、したがう、かくのごとき、わか

い。 など多くの意味をもつ漢字ですね。芽生えを待たれる若草、

の「若ワカ」は、しなやかな髪を梳かす、からだの柔らかい女性の

姿を描いた漢字だそうです。 下の「右」は「ナ+口」と書き、口を

手でかばい、恥ずかしそうなしぐさを表す文字ですから、初々し

い乙女、若々しい人、のイメージをうける漢字ですね。若芽、若

菜、若人、もうじき若さの溢れる、「ハル・はる・春」が来ます

・・・・・・・・。

2012年2月22日 (水)

芯:しん

Photo

「芯」:しん。 花の心、心の花。何故か見てるだけで、ほっとする

漢字です。二月、春を待って、草冠の漢字を書きつづけて来まし

たが、それぞれに味わいのある漢字達ですね。「芯」は、花の字

の下半分の「化:化ける」が、「心ココロ」になって、華やかさより、

優しさのイメージを感じさせるのでしょう。 同じ「心」でも「蕊シベ」

(植物の雄しべ雌しべ)になると、またイメージが変わりますね。

今年は異常な寒気で、梅の花も開花が遅れているようです。

・・・・・・・・。

2012年2月21日 (火)

苺:いちご

Photo

「苺」:バイ、いちご。 スーパーに苺のパックが山積みでした。今

では、ハウスで育てるので、年中イチゴは食べられますね。「苺」

草の母?、昔の苺は甘さが少なく、砂糖やミルク(乳)をかけて食

べました。 だから「乳=母?」では、ないようです。 ここでの「母」

はどんどん子を産む、子株を生み出す「繁殖力」が旺盛な植物で

あることを表す漢字だそうです。  『日本書紀』には「伊致寐姑(イ

チビコ)」、と書かれていて、木イチゴのことらしいですね。

・・・・・・・・。

2012年2月20日 (月)

芫:げん

Photo

「芫」:ヤン、げん。  さつまふじ、ふじもどき、中国パセリの名前

で、春に、葉が出ないうちに、紫色の管状の丸い花が咲く、木の

名前だそうです。 「元ゲン」は、はじめ、もとなどの意味の漢字で

すが、元:こうべ(丸い頭)も表すので、紫の「丸い花」の名前に

なったようですね。 いずれにしても,元の文字は、元旦・元祖・元

始・元気など、気分の良い文字ですね。 [草+化]ける「花」より、

[草+元]の「芫」のほうがふさわしい感じがしてきました。

・・・・・・・・。

2012年2月19日 (日)

苡:い

Photo

「苡」:い。 あまり見たことのない漢字ですね。 見た感じは、と

げとげしい「いばら」(茨イバラ)のようですね。 「以」は、もって、

もちいる、ゆえに、などの意味ですが、ここではその「音を」借り

たので、意味は違うのですね。 はとむぎや、おおばこ、はすの

実などを表す漢字だそうです。よく見ると、「人」が「レ」形のすき

をもって、草を掘る姿に見えてきました。また、「草を以て食とな

す」と読めて、役立つ草の実を、表す漢字に見えます…。

・・・・・・・・。

2012年2月18日 (土)

苑:その

Photo

「苑」:エン、その。  「園:えん・その」と同じで、周りを囲んで、花

や樹木を植え、動物を飼い、人が楽しく集まる所を言う漢字です

ね。御苑は宮中の庭ですし、外苑は宮廷や神社の外にある庭を

言います。苑の下の字は、人が二人からだを曲げて、屈カガんだ

姿で、苑は草木や動物を、囲いの中に押し込んだ様子を描いた

漢字だそうです。よく似た漢字に「怨エン」があります。こちらは押

し曲げられた心、悔しい思いを感じる漢字になっています。

・・・・・・・・。

2012年2月17日 (金)

芙:ふ

Photo

「芙」:フ、ふ。 上の「艸」(くさかんむり)は、「草花クサバナ」の名前

につける、構成部分ですね。常用漢字では「艹」と略されて、簡単

になっています。芙は「艹+夫」と書きますが、「夫フ」は大+一で、

大きい人が髷や冠をつけた姿、立派な男を表す漢字だそうです。

芙は夫(大きい)器状の花が咲く植物、「蓮・はす」や「芙蓉ふよう」

を言う漢字ですね。女性のお名前に多く、ゆったり、ほのぼの、ふ

んわり、やさしい感じがあふれてきますね。素敵です。

・・・・・・・・。

2012年2月16日 (木)

茄:なす

Photo

「茄」:カ、なすび、なす。  「茄子ナスビ」です。「加」は、口に力で、

手に口を添えて勢いをつける意味で、くわえる、その上にプラス

する様子を言う漢字だそうです。 茄は「はちす」とも読み、上に

花の座をのせる「 艸+加(上にのせる)」、蓮の茎のことを言うそ

うです。  どうも「茄:カ」「茄子:カシ」が、なす・なすびに結びつか

ない感じですね。「なすび」は印度が原産地で、その語源が、「夏

の実:なつみ」とか「生実:なすみ」などと曖昧なんです…。

・・・・・・・・。

2012年2月15日 (水)

英:はなぶさ

Photo

「英」:エイ、ひで、はな、はなぶさ。  下の「央オウ」は大の字に立

っている人のまん中を押さえつけた様子だそうです。 が、英雄、

英傑など、すぐれている、ひいでた人物を言いますね。 さて、草

冠がついていますから、やはり、草花に関係がある漢字ですね。

中央がくぼんで、花芯がある、華やいで美しい花を表す漢字でし

た。「英雄 色 を好む」などと言いますが、この「色」には、花の色

香のみでなく、深い意味が含まれているようですね。

・・・・・・・・。

2012年2月14日 (火)

芬:かおり

Photo

「芬」:フン、かんばしい、かおり。 「芬芬プンプン」は、プンプン匂

う様子を言います。 芬:草+分は、春が来て、草の芽や花が開

く時、あたりに香りをただよわす様子を描いた漢字だそうです。

「芳カオリ」も、四方にひろがる様子でした、どちらも春ののどかで

開放的な雰囲気を、感じさせてくれる漢字ですね。今日はバレン

タイン、今では、女性から男性への一方通行でなく、女性同士、

友達同士で、プレゼントを交換・分け合うようですね。

・・・・・・・・。

2012年2月13日 (月)

芦:あし

Photo

「芦」:ロ、あし。 旧字は「蘆ロ」でした。下の「廬」は丸い穴の筒の

ことで、細い管の草の名前ですね。なぜ「芦」で、戸になったんで

しょう?。 もと廬は、まるい壺型の小屋、粗末な「いおり」を表す

漢字だったようで、簡単に「戸」だけに略したのでしょうか?。 戦

後「漢字制限」」によって、意味の深さや、味わいがずばずば切り

捨てられて、小学生には、ありがたいことですが、大人になって、

漢字と日本語の深い味わいが、楽しめなくなっていますね。

・・・・・・・・。

2012年2月12日 (日)

苛:からい

Photo_2

「苛」:カ、からい。 「秀・優・良・可・不可」は、老輩の小学生時代

の成績表の評価で、「可」はようやく「ギリギリ」です。  可は、のど

をカギ型にして、やっと出したかすれ声で、ようやく認める意味だ

そうです。許可、可否などの熟語があります。「苛」はのどがひり

ひりする植物を描いた文字です。苛税カゼイ(きびしい税金)とか、

苛酷カコク(きびしくて、むごい)とか、人にとって、辛い(つらい・か

らい)ことを言う漢字です。苛酷な大雪の地、ご無事を念じます。

・・・・・・・・。

2012年2月11日 (土)

芽:きざし

Photo

「芽」:ガ、め、きざし。 分解すると恐い漢字ですね。「牙:きば」は

鋭く尖った、虎やオオカミなどの「歯牙」を思い出しますね。  各地

の「雪害」のニュースは、まさに、自然が牙を剝いて、傲慢な人類

への、警告を感じる様相です。でも、「芽」の文字はキバではなく、

草木の「萌芽ホウガ」(萌モエる新芽)が、糸切り歯のように、かみあ

っている姿を描いた漢字だそうです。 事象には常に、きざしがあ

ります。雪の下にも、やがて伸び出る「命の芽」が待ってます。

・・・・・・・・。

2012年2月10日 (金)

芳;かおり

Photo_2
「芳」:ホウ、よし、かおり。 お宮の雪は消えました。とは言え寒

気は厳しいままです。日本海側の大雪は、予想以上ですね。ど

うぞ、無事であること祈ります。  花や草が、四方に広がる様子

が「芳」だそうです。 「芳春ホウシュン」、花咲きそろう春、梅の花の

芳(かおり)が、待ち遠しいですね。 芳園・芳醇・芳醇など芳の

熟語が辞書には、ずらりと並びます。 「芳樹ホウジュ」(香りの良

い花が咲く樹)ですが、友人に「芳樹ヨシキ」君がいます…。

・・・・・・・・。

2012年2月 9日 (木)

芝:しば

2

「芝」:シ、しば。 今朝は、前の神社の社も、庭も雪で真っ白です。

冬の風情…などと、言ってられない、富山、新潟、東北地方では

傷ましい被害も出ています。 「雪が砂糖だったら…」と子供時代

に思いました。が本当に砂糖だったら、後の処理が大変ですネ。

雪は溶けて消えてくれます、雪の下にはあの緑の芝生が広がっ

ている…。と、思えばこそ、冷たさ、重さ、静けさに耐えて行くこと

が出来ます。春よ来い、早く来い…、庭の芝生が待っている。

・・・・・・・・。

2012年2月 8日 (水)

芍:しゃく

Photo_2

「芍」:しゃく。 草花で「芍薬シャクヤク」を表す漢字ですね。「立てば

芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」、美人の形容と言われる

言葉ですね。芍薬は草、牡丹は木で、それぞれ花と、美人の姿を

比べた表現ですが、見る人が立って見るのが芍薬、座ってみると

美しいのが牡丹と言う説と、花の姿が、芍薬は美人の立ち姿、牡

丹は座った美人、百合は、歩く美女の様子に見立てる、誉め言葉

だと言う説があるようです。老生には後の説がぴたりときます。

・・・・・・・・・。

2012年2月 7日 (火)

芹:せり

Photo

「芹」:キン、せり。  「芹セリ なづな 御行ゴギョウ はくべら 仏

座ホトケノザ すずな すずしろ これぞ七種ナナクサ」 。七草は、早

春にいち早く芽吹くことから、邪気を払い、無病息災を願ってい

ただく、「七草粥」で、春の七草のトップにあげられる野菜ですね。

草を斤(刃物)で刈り取る様子を描いた漢字だそうです。鉄分や

食物繊維を含んでいるので、便秘などの予防効果があります。

保温効果、発汗作用があり、冷え性にも良いと言います。

・・・・・・・・。

2012年2月 6日 (月)

芥:からし

Photo

「芥」:カイ、あくた、からし。 下の「介カイ」は、たすける(介護)、は

さまる(介在)、ひとりぼっち(介立)などと、色々な意味をもつ漢字

ですが、「芥」になると、小さい草、粟粒のような小さい実をつけ、

「からし」を取る野菜「からしな」を表す漢字ですね。恐いのは、未

熟な実から「阿片アヘン」(麻薬)をとるんですって。 「塵芥ジンカイ」は

、「ちり・あくた」小さなゴミのことになります。一芥(一介)の老輩に

は、有名な小説家「芥川龍之介」の名前がすぐ浮かぶ漢字です。

・・・・・・・・。

2012年2月 5日 (日)

苅:かる

Photo

「苅」:ガイ、かる。 「刈」の旧字で、「メ」は刃が交差する「ハサミ」

と「刂:リットウ」は刃物で、草や枝を切りそろえる、かりとる様子を表

す漢字ですね。理容の用語では「刈り上げ」とか「丸刈り」「五分刈

り」など、ヘアースタイルの表現で、1分刈り:3mm;  5分刈り: 9mm

などと、「バリカン」の刃の厚みで、髪の長さを表していました。今

では丸刈りは「高校野球の選手」専用みたいで、お坊様でも、珍し

くなっています。が、ベッカムスタイルのようなヘアーもありますネ。

・・・・・・・・。

2012年2月 4日 (土)

芭:はな

Photo

「芭」:バ、はな。 「芭蕉バショウ」と言えば、松尾芭蕉(俳聖・俳句

の聖人)、実芭蕉(バナナ)を思い出します。 芭蕉はお寺の境内

で見る、大きな葉っぱばかりの植物で、バナナも、この同類なん

ですね。 俳人の「芭蕉」は、門人から贈られた株を植えたのが、

大いに茂ったので「芭蕉庵」と名付け、その住人なので、俳号に

したと言われています。「巴」は腹ばいに伏せた人の姿で、上に

草を被せた様子…、春の風情ですね、春よ来い、早く来い。

・・・・・・・・。

2012年2月 3日 (金)

芋:いも

Photo

「芋」:ウ、いも。 大寒気に被われた日本本州、すごい雪ですね。

これでは、草も雪の下で縮んでいます。その点「芋イモ」は、地中で

しずかに「冬眠」しています。 「芋兄イモニイ」を自称する老輩、芋が

大好きです。 里芋、じゃが芋、薩摩芋。煮芋、蒸し芋、焼き芋。ど

れもこれも美味しいですね。中身は澱粉、栄養カロリー充分です。

「于ウ(まるく大きい)」は宇宙の宇と同じです。でかい宇宙と、充

実の芋、春が来れば「芽を出します。孫が中学合格しました。

・・・・・・・・・。

2012年2月 2日 (木)

芸:うえる

Photo

「芸」:ゲイ、わざ、うえる。 「云イウ+草冠」で「言草イイグサ」言い分

、言い訳、言い抜けとも読める漢字ですね。旧字は「藝」で、中に

「執シツ」(手に取る、とらえる)の字が含まれていました。手を加え

て草木を育てる「園藝・園芸エンゲイ」、素材に手を加える「芸術」、

などを言う漢字です。かっての「藝人」さんは、訓練を積んで、深

い藝を見せてくれましたが、今の「テレビ芸人」の姿は、まさに、

言うだけ、口先だけの「軽芸カルワザ」をさせられて、気の毒です。

・・・・・・・・。

2012年2月 1日 (水)

草:くさ

Photo

「草」:ソウ、くさ。 今日から二月「如月キサラギ」です。 きさらぎは

「草木張月(くさきはりづき)」草や木の芽が張りだす月とか、「衣

更着(きさらぎ)」まだ寒いので、衣を更に重ね着する様子とか言

われます。  「草」は「艸(どんどん生える雑草)+早(はやい)」と

書き、勢いのよい感じの字形ですね。各地大雪のニュースで大

変ですが、雪の下にはたしかに草たちが、春の来るのを待って

います。草冠の漢字を書きながら、春を待ちましょう。

・・・・・・・・。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »