« 耿:こう | トップページ | 耶:や »

2012年1月19日 (木)

聆:きく

Photo

「聆」:レイ、きく。 令は、法令、神令など、神や君主の命令を表

す意味と、ご令室、令嬢、令息など、尊敬語としての意味を持つ

場合がありますね。  「聆」は、耳が敏感、耳が賢い、耳を澄まし

て、良く聞き取る、飲み込みが早い様子を言う漢字のようです。

近頃、テレビの音量が随分大きくなってるようで、我が家の相方

の、音量から「+2」で、注意されてます。医師の診察でも、聞き

取り難く、聴き返す事が多くなりました、遠い耳は長生きの印?。

・・・・・・・・。

« 耿:こう | トップページ | 耶:や »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耿:こう | トップページ | 耶:や »