« 耽:ふける | トップページ | 聆:きく »

2012年1月18日 (水)

耿:こう

Photo

「耿」:キョウ、コウ。 日本語には余り使われない漢字で、「耿介」

と書かれると、「シュウスケ」と読む人名かなと思っていました。秋

シュウと混同してました。秋は稲などを集めて、火祭りする様子を感

じる漢字ですが、「耿」は、耳に火が付く?、耳が熱い、耳が痛い、

忠告、苦言の感じを思います。 さきの、「耿介コウカイ」は、自立して

いて、節操が堅い人物を表す熟語だそうです。「耿之介」になると

まじめで、律儀で、信頼感のある「若侍」のイメージにぴたりです。

・・・・・・・・。

« 耽:ふける | トップページ | 聆:きく »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耽:ふける | トップページ | 聆:きく »