« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

聘:とう

Photo

「聘」ヘイ、とう。 「招聘ショウヘイ」は、贈り物をして、賢者を招くこと

を言う熟語で、聘の右の字「ヘイ」は、投げ出す、あたってみる意

味があり、耳をつけて、意向を聞く様子を表す漢字だそうです。

よく見ると「由(理由・いわれ)+巧(たくみ・じょうず)」と、読める字

で、言葉じょうずで、耳当たりのよい、「巧言令色コウゲンレイショク」の

四文字を思います。 「聘納ヘイノウ」は、今では見かけませんが、結

納をいれて、礼儀をつくして、正式に妻を迎えいれることです。

・・・・・・・・。

2012年1月30日 (月)

聯:つらなる

Photo

「聯」:レン、つらなる。 つぎつぎとつながる様子、二つ以上を並

べてくっつける。「聯合レンゴウ」「聯盟レンメイ」など、お互いが協力し

合うために、一つになることを言う熟語ですね。人々が、仲間とし

てつながる様子は、人間として喜ばしい関係です。が、この漢字

の元を知ると、人間の恐ろしさを思い知らされます。「聯」の右は

「糸」+「丱カン(突き通す)」と描き、敵の耳を切り取って、糸:ひも

でつないで、見せびらかす様子だったんです。恐いですネ

・・・・・・・・・。

2012年1月29日 (日)

聢:しかと

Photo

「聢」:しかと。 たしかに、はっきりと、「耳で定サダかに」聞いて決

めること(日本製漢字)だそうです。 現代語で「しかと」するは、そ

っぽを向いて、無視すること、仲間はずれにすることで、いじめの

ひとつですね。  語源は、花札の絵柄で、鹿がそっぽを向いて  い

るものがあり、十月の札なので、『鹿十(しかとう)』と言うようです。

「聢」:しかとは、しっかり聞く態度ですから、いじめのシカトとは反

対の意味ですね。「定テイ」は家の中で正しく立つ様子ですって。

・・・・・・・・。

2012年1月28日 (土)

聡:さとい

Photo

「聡」:ソウ、さとい。 右の字は「公の心」と書いて、入り口を開い

て「公開コウカイ」する様子、広い心で聞き入れ、物わかりの良い、

かしこい人を表す漢字ですね。旧字は「聰」と書きました。右の心

の上の部分は、「風通しの良い窓」のことで、やはり、通じが良く、

物分かりの良い心を、表す漢字だそうです。 聡明・聡朗・聡察な

ど、かしこくて頭が良く、物事に良く通じ、観察が鋭く、深い読み

のできる人を言い、今こそこうしたリーダーが求められますね。

・・・・・・・・・・。

2012年1月27日 (金)

聹:ねい

Photo

「聹」:ニョウ、ねい。 右の「寧ネイ」は、丁寧(念入りで、親切)、安

寧(安らかで平和)などの意を表す漢字ですね。 「宀(やね)+心

+皿+丁」は、家の中でテーブルの上に、食器を並べて、心をゆ

ったりさせる様子を描いた文字で、耳偏がついて、ゆったり、ゆっ

くり会話をしている、イメージを思い浮かべます。 「聴くこと」の大

切さ、難しさを、近頃痛感しています、会話をしながら、すぐ反応し

なくては…、どう、応えよう…。焦ってしまう自分がいます 

・・・・・・・・。

2012年1月26日 (木)

聲:こえ

Photo

「聲」:セイ、こえ。 当用漢字では、左上の「声」の部分だけで表

しますが、旧字は上の筆文字のように、味わいの深い漢字でし

た。「磬ケイ」が元の字で、「声」は、石の板をぶら下げて、棒で叩

いて音を出す楽器で、下の「石」の部分が「耳」になって、音を聞

く様子を表し、耳に届く「音や声(聲)」を言うようになったようです

。上の右半分の「没ボツ」は、しずむ、かくれる漢字の半分と同じ

ですが、声が耳の中にしずんで消える様子を感じさせますね。

・・・・・・・・・。

2012年1月25日 (水)

聟:むこ

Photo

「聟」:セイ、むこ。 我が家は娘二人で、それぞれ、長男さんに嫁

ぎ、二組の婿殿に恵まれています。会津と、新潟で「飲める口」で

す。「むこ」には、「婿・壻・聟」と三つの漢字がありますが。「胥ショ」

は、一疋二疋と数える漢字で、「耳が知る」「聟」の字が、親しみが

あって好ましいですね。 実は、孫が一人ずつ、どちらも「女の子」

で、聟殿達は、老輩と同じ、「息子」の味を知らない父親です。だか

ら、特にどう?と言うわけではありませんが……、知り合いです。

・・・・・・・・。

 

2012年1月24日 (火)

職:つかさ

Photo
「職」:ショク、つかさ。 「職人」手で物を作り出す職業の人。老輩

の両親はその職人です。親父は「表具師」(掛け軸や屏風の表装

士)で、お袋さんは「髪結い」(美容師)でした。 職と同じ旁の文字

に、識・織・幟がありますね。「音+弋(目じるし)」で、区別、識別

旗印などを表す漢字です。最近は、こうした「手仕事を」嫌い、機

械化されて、名人芸が少なくなっています。「耳学問」と言われる

古老も、町内に見かけ無くなりました。寂しいことです、

・・・・・・・・。

2012年1月23日 (月)

聶:ささやく

Photo

「聶」:ショウ、ささやく。 今朝は、耳が痒くなり、耳かきでかじって

みたら、耳垢が溜まっていて、ぽろぽろとこぼれました。 インフル

エンザで寝込んで居る間に、聴きだまりが出来たのでしょうか。

「聶」は、耳を三つ、寄せあってひそひそと、小声で話し合う様子

を描いた漢字ですが。子供達がしているのは、可愛らしい風景

でも、大人が、特に大の男の、ひそひそ話は見苦しいものです。

政治屋さんに、多く見られる、「見苦しき姿」の代表格ですね。

・・・・・・・・。

2012年1月22日 (日)

聊:いささか

Photo

「聊」:リョウ、いささか。 卯:うさぎ+耳、長い耳を言う漢字でしょ

うか。それで「いささか」?。サザエさんの隣に住む小説家の先生

の名が「伊佐坂難物イササカナンブツ」さんですが、カツオ君は可愛が

られてますね。「いささか」は、とりあえず、一時しのぎ、今しばらく

、やり過ごすなど、あまり良い言葉ではなさそうですが。  うさぎの

耳は良く動いて、遠くの物音を聞き分けて、用心深い動物として、

愛玩されています。サザエさんも、寿命の長い漫画、好きです。

・・・・・・・・。

2012年1月21日 (土)

聳:そばだつ

Photo

「聳」:ショウ、そばだてる。 論語の「人生、六十にして耳従う」他

人の言葉を、素直に受け入れる心を言う、ことかな…?、と思い

ました。逆でした、他人の言葉に興味津々、「聞き耳立てて」聞き

かじり、わいわいがやがややってる、親父さん達の様子でした。

人の噂に聞き耳立てて、俺が俺がの自慢話、結構後で疲れて、

しょんぼり…。アルコールが入ると、ついつい、調子に乗って「後

の祭り」。耳が遠くなって聞きづらいのは、自然の配慮感謝感謝。

・・・・・・・・。

2012年1月20日 (金)

耶:や

Photo
「耶」:ヤ、か。 か、疑問の意味の助詞」。や、反問の意、または

感嘆を表す助詞だそうです。字形の意味より、音を借りた漢字な

んでしょうか。もと邪とかき「邑ムラ・サト+音符牙ガ」で形声文字で

すね。 右の「阝(こざと・おおざと)」は里サト、岐阜の阜サトと、同じ

意味のようです。 神戸の「摩耶山マヤサン」が、有名ですが風情の

ある感じの漢字です。 「摩耶夫人」が無憂樹の花枝を折ろうとし

たとき、わきの下から釈迦が誕生したという伝説もあります。

・・・・・・・・。

2012年1月19日 (木)

聆:きく

Photo

「聆」:レイ、きく。 令は、法令、神令など、神や君主の命令を表

す意味と、ご令室、令嬢、令息など、尊敬語としての意味を持つ

場合がありますね。  「聆」は、耳が敏感、耳が賢い、耳を澄まし

て、良く聞き取る、飲み込みが早い様子を言う漢字のようです。

近頃、テレビの音量が随分大きくなってるようで、我が家の相方

の、音量から「+2」で、注意されてます。医師の診察でも、聞き

取り難く、聴き返す事が多くなりました、遠い耳は長生きの印?。

・・・・・・・・。

2012年1月18日 (水)

耿:こう

Photo

「耿」:キョウ、コウ。 日本語には余り使われない漢字で、「耿介」

と書かれると、「シュウスケ」と読む人名かなと思っていました。秋

シュウと混同してました。秋は稲などを集めて、火祭りする様子を感

じる漢字ですが、「耿」は、耳に火が付く?、耳が熱い、耳が痛い、

忠告、苦言の感じを思います。 さきの、「耿介コウカイ」は、自立して

いて、節操が堅い人物を表す熟語だそうです。「耿之介」になると

まじめで、律儀で、信頼感のある「若侍」のイメージにぴたりです。

・・・・・・・・。

2012年1月17日 (火)

耽:ふける

Photo

「耽」:タン、ふける。 耽美タンビ(美を求めて熱中する)。耽読タンド

ク(熱中して読みふける)。 右の字は、「枕マクラ」(頭を乗せて落ち

ついて眠る)や、「沈チン」(水に沈む)など、下に押ししずめる様子

を意味し、「耽」は、耳が下へ深く垂れ下がること表し、「深入り」

することを言う漢字だそうです。それにしても今日も午前中、夫婦

枕を並べての、情けない状態、暮れに流感の予防接種を奨めら

れていたのに、まさかまさかで、注射の嫌いな老輩、失敗でした。

2012年1月16日 (月)

耻:はじ

Photo

夫婦そろって「流感インフルエンザ」に罹り、三日間ベッドに寝た

きり、町医に見てもらって、流感と判明しました。此のブログ、三

年間一日「ぎっくり腰」のため休刊しましたが。ほっとした油断で

残念です。「耻ハジ」は「恥ハジ」の異体字で、耳は柔らかいことを

表し心が柔らかくていじける様子を言う漢字だそうです。「耻」は

耳が恥ずかしいので、聞くことを止める、聞きたくない!状態を

言ってるようです。まだ、パソコンの文字がふらついています。

・・・・・・・・。

2012年1月13日 (金)

聒:かまびすし

Photo

「聒」:カツ、かまびすしい。 毎年、手帖の始めの頁に「話すな!

聴け!」と書いています。見るたびに、聴くことの難しさが、身に

しみます。「耳に舌:聒」と書く字は知りませんでした。耳よりも舌

が優勢で、がやがや、わいわい、騒がしい、かまびすしい様子を

描いた漢字だそうです。近頃のテレビ番組、喧ヤカマしいですネ。

「滑舌・活舌」とか言って、早口で、高い調子でまくしたてられると

、チャンネルを切り替えます。他人のふり見て、吾がふり直せ…。

・・・・・・・・

2012年1月12日 (木)

聽:きく

Photo
「聽」:チョウ、したがう、きく。 「聴く」の旧字で、彳偏では「徳トク」

、耳が徳(恩恵)をする感じの漢字?に見えますね。旧字の左は、

耳の下に「王」様がついて、もっと値打ちが上がります。でも、漢

字源では違い!。右は「悳(まっすぐ)」とも書いて、まっすぐに耳

を向けて聞く様子を書いた漢字で、左の耳の下は王ではなく「テ

イ(まっすぐ立つ)と言う漢字だそうです。只聞くだけでなく、心を

込めて素直に「聴く」ことの、大切さを表す漢字に見えてきました。

・・・・・・・・。

2012年1月11日 (水)

聾:ろう

Photo

「聾」:ろう。 今年は辰・龍年です。龍の耳と書く漢字があります。

見た目には立派な漢字です。今は「差別用語・放送禁止」の「つ

んぼ(聴覚障害者)」の事です。  賀状に龍の絵を、大きく長い耳

を描きましたが、耳ではなく、「龍」が仮想の動物で、よく見えない、

あいまいだと言う漢字だそうです。実は昨日、この一字一言満三

年(1092日)続きました。 読む、書くことの好きな老輩ですが、今

年は聞くこと、相手の話に、耳を傾けることを、目標にしました。

・・・・・・・・。

2012年1月10日 (火)

騰:のぼる

Photo

「騰」:トウ、あがる、のぼる。 右の字は巻きとか券に馬をつけた

文字で、すぐ「馬券」を思い浮かべました。この字から馬を取ると

「朕チン」で、浮力(舟を持ち上げる力)を表す漢字で、騰は馬が、

躍り上がる、跳ねあがる様子を描いた漢字だそうす。沸騰は、水

がお湯になり、ぶくぶく沸く様子。タレントの人気が高騰する。など

と表現しますね。老輩の住む町に「競馬場」がありますが。名古屋

競馬場も、赤字続きで、経営不振とか?。時代の変遷は逆硫です。

・・・・・・・・。

2012年1月 9日 (月)

駑:にぶい

Photo

「駑」:ド、にぶい。 驚によく似た漢字です。が、「敬」と「奴」では、

ずいぶん違います。敬はうやまう、敬語ですが、奴は奴婢(下男

下女)など、卑しめる意味をもつ漢字です。とは言え努力の「努」

のように、ねばる、つとめる、がんばる様子を表す漢字にも使わ

れるのですね。 「駑馬ドバ」は、鈍い馬の事ですが、才能が劣る

者を言う場合があります。【駑馬十駕ドバジュウガ】は、「才の劣る

者も、十倍努力すれば追いつく」と言う諺、老輩も粘ります…。

・・・・・・・・。

2012年1月 8日 (日)

驚:おどろく

Photo

「驚」:キョウ、ケイ、おどろく。  上の「敬ケイ」は、うやまう、つつし

む、身心を引き締めてかしこまる意味の漢字ですね。「尊敬する

馬」?。馬が敬礼する様子?。…ではありませんでした。 「敬」の

解字では、羊の角を避けて、かがんだ人の姿を描いた文字だそ

うです。つまり、人も馬も、びっくりする、おどろく時の反応を表す

漢字でした。去年は、「驚天動地」の年でした。右の苟は「かりそ

め」の意味で、「とりあえず」すますこと、の無いように念じます。

・・・・・・・・。

2012年1月 7日 (土)

騁:はせる

Photo

「騁」:テイ、きわまる、はせる。 右側の字は「由(抜き出る)+丂

(曲がる)」で、曲がったものを、真っ直ぐ抜き出す意味、馬偏で

まっすぐ走る馬を表す漢字だそうです。難しい文字ですね。由を

使う文字には「油アブラ」、抽出の「抽チュウ」、宇宙の「宙チュウ・ソラ」、

「紬ツムギ」などがありますが、その使い方の「理由・わけ」は、ど

れも、「 …から出てくる 」と言う意味を含む文字ですね。特に

宇宙の「宙・そら」は、万物の発生の根本、根源を感じます。

・・・・・・・・。

2012年1月 6日 (金)

駲:なれる

Photo

「駲」:ジュン、なれる。 「馴れる」の異体字です。川に馬の「馴」

は、川が川筋に従って流れるように、馬が馴れて従う様子を表す

漢字だそうです。「駲」は、馬に州と書き、川の「中州」に居る馬?

の事でしょうか?。九州、本州、欧州など、土地の区分に使う漢

字で川よりスケールが大きくなりますね。ところで、老生、日本酒

一日「三合」呑んでいて、昨秋から、節酒、続けて「断酒!」して、

2ヶ月…、「酒のない正月!」寂しさにようやく馴れて来ました

・・・・・・・・。

2012年1月 5日 (木)

騙:だます

Photo

「騙」:ヘン、たばかる、だます。 人を騙すのは、良くないことだと

言われます。オレオレ詐欺で騙される、被害ご後を断ちません。

「騙」は、なぜ馬偏なのでしょう。 馬が人間に騙される事があって

も 馬は、従順です、飼い主を裏切りません。この漢字は、「扁ヘン」

薄い、軽いを表す漢字で、馬にひらりと飛び乗る様子を描いた漢

字なのです。ひらひらする軽い言葉で、人をたぶらかす(だます)

ことに、転用された、やっぱり人間の方が悪い?ようですネ

・・・・・・・・。

2012年1月 4日 (水)

駭:おどろく

Photo

「駭」:ガイ、おどろく。 今年の干支エトは、辰:竜ですが、この駭

の右の字は「亥:猪」です。猪イノシシのように、猛進する馬を想像

しますね。 ところが、「亥ガイ」は、骸骨ガイコツ、動物の骨格を描

いた象形文字だそうです。 馬が驚いて、心身が緊張し、骨張っ

てしまった様子を、表す漢字でした。  「駭汗ガイカン」ぎくっとして

汗をかく。 「駭嘆ガイタン」おどろきなげくなど、大きな馬が汗をか

いたり嘆いたり、おおげさな表現を、感じる漢字ですね。

・・・・・・・・。

2012年1月 3日 (火)

驫:とどろき

Photo

「驫」:ヒュウ、シュウ、とどろき。 正月も三日です、ここ濃尾平野

は何事もなく、穏やかな日です。静かです、平和です。 漢字源の

「馬」の部を開いたら、三頭の馬で出来た、「驫」を見つけました。

馬が重なって競い合い、走り廻る様子でしょうか?。「とどろき」と

読む漢字でした。とどろきと言えば「轟トドロキ」の漢字があります。

多くの車が並んで、ガラガラと音をトドロカす様子と同じです。そ

ろそろ、「活動を開始」の天の声でしょうか……。

・・・・・・・・。

2012年1月 2日 (月)

驍:ぎょう

Photo

「驍」:ギョウ。 背の高い、ひときわ優れた馬。右の文字は土を三

つ積み上げて、それを担ぐ人を描いた漢字で、「崇高な巨人」を表

す文字だそうです。 僥キョウ(背が高くて強い人) 嶢ギョウ(高くひい

でた山)と同じですね。よく似た漢字に「暁アカツキ」夜明けのことを言

う漢字があります。 昨日・今日、岐阜地方は晴天の、素晴らしい

「お正月」ですが、みなさまの所はいかがでしょうか…。 正月とは、

年の初めの月は、正しく、「驍勇」の姿勢でスタートする時ですね。

・・・・・・・・。

2012年1月 1日 (日)

正:まさし

Photo

「正」:ショウ、セイ、ただしい、まさ。 お正月です。おめでとうが

素直に言えない旧年でした。 でも、だからこそ、新しい目・芽が出

る「お目出度い」年を願いましょう。「正」の字は「一+止」で、止の

部の漢字でした。 ただ、この止はとまるではなく、「趾シ」あしの原

字で、足が目標の一線に向かって、まっすぐに進む様子を描いた

漢字だそうです。「歩く」が、少し止まると描くように、「正」も一歩止

まって、行方を正す姿を想い、今年もよろしく道連れを…

・・・・・・・・。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »