« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

竚:たたずむ

Photo

「竚」:チョ、たたずむ。 右側の「宁チョ」は、ウ冠の下に「丁チョウ」と

書き、家の中に「丁」釘づけになっている様子でしょうか。 「竚」は

家の中で、立ったまま、じっと動けない状態、たたずんでいる姿を

描いた漢字のようです。大震災から半年!、遅々として進まない

事後処理、原発の事故処理も、殆ど進展していません。 動きが

無く、進まない状態は、「竚・佇む」ままですね。 お金を貯めるの

を「貯金」と言いますが、今こそ有効な活用を期待してます。

・・・・・・・・。

2011年8月30日 (火)

竪:たてる

Photo_5

「竪」:ジュ、たてる。 「竪琴タテゴト」琴はふつう横に寝かせて弾き

ますが、立てて抱えるようにして演奏するのが「竪琴」ですね。竪

にそっくりな文字に「堅カタイ」があります。どちらも上の部分が「臣」

と「又」です。「臣」はふせた目で、「又」は緊張した姿勢を表すそう

です。下の部分が「土」の「堅」は物の状態を、「立」の「竪」は、人

の状態の違いでしょうか。「主人のそばに召使が直立してはべる

さまを示す」と言われると、感じの良くない漢字に見えてきました。

・・・・・・・・。

2011年8月29日 (月)

站:たつ

Photo_3

「站」:タン、たつ。 立つ、じっとひと所を占めてたつ姿を描いた

漢字だそうです。 一見、街角に立つ占い師のことではないかと

思いました。「占」は「卜:ボク・ウラナイ」+「口:イチ」と書いて、「しめ

る・独占」する意味と、「うらなう・占卜」の意味がある文字なので

すね。「站」の場合は占でなく、点の意味に近い使い方で、ある

一点、一ケ所に立つ様子を表す漢字のようです。  「駅站エキタン

(宿場)」「兵站ヘイタン(兵士や軍用品の集積所)」が熟語例です。

・・・・・・・・。

2011年8月28日 (日)

竟:おわる

Photo_2

「竟」;キョウ、わたる、おわる。 昨日の「競・竸」の半分の竟は、

「音+人」音を出す人、音楽をする人に見えましたが、なんと!

音楽のおわり、楽章の最後を言う漢字だそうです。終いまでや

り遂げる、最後の境界まで届く、「畢竟ヒッキョウ」は、 結局、要す

るに、と言うことでした。いずれにしても、次期総理には、しっか

り最後まで、粘り通して欲しいのですが、今の政治家は、自分

で選んだ人を、途中で引きずり落とす恐い人たちですからネ。

・・・・・・・・。

2011年8月27日 (土)

競:きそう

Photo

「競」:キョウ、せる、きそう。 兄と兄が立ち上がって向かい合う様

子に見えますね。でも、旧字は「竸」で境や鏡と同じで、境目や形

のけじめをはっきりさせる意味の文字だそうです。  昨日、首相が

退陣、今日は次期総理の候補者が5~6人出馬です…。 只の兄

弟喧嘩に終わらせないで、本気で国政、日本の将来を、特に東日

本の被災地救助、原発問題、けじめをはっきりさせる方向へ強い

リーダーシップを発揮して勇敢に「政治」して欲しいと念じます。

・・・・・・・・。

2011年8月26日 (金)

竣:しゅん

Photo

「竣」:しゅん。 町中はもっぱら「自転車」でサイクリングしてます。

時々細い路地にも入り込んで見ますが、ずいぶん「空き地」が増

えています。中には、モダンな新築住宅が竣工して、若い新婚さ

んが庭の手入れなどして、ほほえましい風景に出会います…。

「しゅん」には「俊・峻・駿・埈…」の漢字がありますが、右側の字

は「允+夂」すらりと立つ人の姿を描いた漢字だそうです。  俊は

すぐれた人、駿馬はすぐれた馬、峻は高い山なんですね。 

・・・・・・・・。

2011年8月25日 (木)

竦:すくむ

Photo

「竦」:ショウ、そばだつ、すくむ。 「立つ+束タバ」、束になって立

ちはだかる様子?、ではなくて、恐ろしくて、足を束ねられて動け

ず、立ちすくむ姿を描いた漢字だそうです。 恐ろしくて、ぞっとす

る様子を「竦然ショウゼン」と書くようですが、両足を揃えて背伸びす

る姿、そびえ立つ様子を言うこともあるそうです。日本の政治も、

次々に首相が代わり、今回も6~7人の候補者が、新聞紙上に立

ち並んでいましたが、この人なら!と言う「立派」な姿が???。

・・・・・・・・。

2011年8月24日 (水)

竒:めずらし

Photo

「竒」:キ、めずらしい。 竒は奇の異体字で、意味は同じですね。

奇は「可(屈曲したさま)の上に、大の字に立つ人」ので、目立つ

様子を描いた文字だそうです。竒は「立の部」の漢字ですから、

こちらも可の上に立つ様子を表す漢字でしょう。学生時代奇術に

はまっていて、工業学校でも生徒会で友人と二人で見せたりして

ました。人を騙す、楽しませる、良い気分でした。 隣の耳鼻科の

院長さんが「奇人変人」会に誘ってくれましたが断りました。

・・・・・・・・。

2011年8月23日 (火)

端:はし

Photo

「端」:タン、ただしい、はし。 端正タンセイは態度や容姿がきっちり

整う様子を言いますが、端金ハシタガネは、少額の金銭のことです

ね。 この「端」の文字は、いろいろな意味を持たせた漢字で、端

的タンテキ(てっとり早く、的確に要点を示す)に言えないほど,熟語

も沢山あります。「山(やま)・而(しかも)・立(たつ)」断崖の端に

立っている姿を思わせる文字ですね。今の日本の状況は半端な

状態ではありません、各人が端直な言動を心するときですね。

・・・・・・・・。

2011年8月22日 (月)

童;わらべ

Photo
「童」:ドウ、わらべ。 「童子ドウシ」と言えば、里(さと:田舎)に立

幼子をイメージしますね。ところが、童は「辛(鋭い刃物)+目+

東+土」と書いて、刃物で目をつき抜いて盲人にした男のことだ

そうです。とてもそんな恐い文字には見えません。でも、解字の

字形を見ると、目に刃物が突き立てられた様子が描かれていま

す。知らない方が良かったと思いました。 「童謡」「童心」「童顔」

と、こどもの心を、「児童手当」も忘れないでほしいものです。

・・・・・・・・。

2011年8月21日 (日)

竝:ならぶ

Photo

「竝」:ヘイ、ならぶ。 「並」の旧字でした。立った人がならんでい

る様子そのままの漢字ですね。  竝行ヘイコウ、竝肩ヘイケンなど、並

んで歩く、並んで立つは、「竝行」がぴったりの漢字になりますが、

今では「並」に慣れて、「月並み」のほうが「月竝み」より馴染みが

良い感じです。上等と、並の品などと言うときも、「普通」の「普フ」

は「並」になっています。並ぶ事が苦手な吾輩は、あの行列の苦

痛に耐え難く、有名ラーメン店、TDなど敬遠してますが…。

・・・・・・・・。

2011年8月20日 (土)

章:あきらか

Photo

「章」:ショウ、あや、しるし、あきらか。 一見「早く立つ」と読める

漢字ですね。人名では、あき・あきら・あや・たか・とし・のり・ふさ

・ふみ・ゆき、などと読む文字なのです。 「章郎アキオ」さんを、「ふ

みろう」さんと読んで怒られました。人名・地名は難しいですね。

日本の国旗の「日の丸」を、「日章旗ニッショウキ」といいますが、日

本が東洋の東にあり、日の出が一番はやいので「日出イズる国」

として、日の丸を国の「章:しるし」としたと聞いたことがあります。

・・・・・・・・。

2011年8月19日 (金)

竜:たつ

Photo

「竜」:リュウ、たつ。 しばらく氵(水)の字を書いてきましたが、立

秋も過ぎたので「立つ」の漢字を探してみました。そしてこの「竜」

を見つけました。旧字は「龍」でした、滝も瀧と書いていました。頭

の大きな大蛇の姿で、たしかに上空に登るのが、蛇との違い

ですね。下の娘の干支(えと)が「たつ年」で、ず~っと「竜年」だと

思いこんでいました、「辰年」だったんですね。竜宮城の娘さん

は「竜女リュウジョ」と呼ばれ、賢い女性のたとえになっています。

・・・・・・・・。

2011年8月18日 (木)

淅:よなぐ

Photo

「淅」:セキ、よなげる。 さらさらと米をとぐこと。 よく似た漢字に

「浙セツ」があります。  「折セツ」と「析セキ」に氵のついた漢字で、ど

ちらも「斤オノ」で斬る様子を描いています。扌(手偏)と木偏の違

いで「折」は手で二つにおる(切る)「析」は木を細かく切り分ける

様子だそうです。 「分ブンセキ」を手で分けるので「分」だと思

いこんでいた事がありました。 漢字の難しさと面白さですが、小

学生たちには、つらくて、めんどうな「勉強」ですね。

・・・・・・・・。

2011年8月17日 (水)

涵:ひたす

Photo

「涵」:カン、ひたす。 右側の「函カン」は、物をしまうハコの事です

ね、水を入れる函で「水筒」のことかな?と思いました。 でも、函

は「封函フウカン」とか「書函ショカン」のように、包み込んで封をする感

じです。字源によると、涵はたっぷりと水につける、たっぷりとうる

おす「涵養カンヨウ」を言う漢字だそうです。 「函」はハコの中に矢を

入れた様子を描いた象形文字で、「中に入れて含む」意味をもつ

漢字でした。「函館」はまわりを海に包まれた良い街ですね。

・・・・・・・・。

2011年8月16日 (火)

浚:さらう

Photo

「浚」:シュン、さらう。 人偏の「俊シュン」は、すらりとして、才知の

すぐれたひと「俊才」を言う文字です。氵偏の「浚シュン」は水底を

掘って、深くする「浚渫シュンセツ」を表す文字ですね。三陸の津波

のあと、漁港などの海底が陸から引きずり落ちた瓦礫などで、

無惨な状態になっています。自衛隊の隊員さんが、潜り込んで

活動される姿に、頭が下がります。 全部の海岸線の「浚渫」に

は「峻切シュンセツ」厳しい状態で、大変な労力がかかりそうです。

・・・・・・・・。

2011年8月15日 (月)

浹:うるおす

Photo

「浹」:ショウ、うるおう。 日本中「猛暑」です、昨日の日本一は福

井県小浜の「38.1℃」だったそうです。水が恋しいですネ。「浹」水

が行き渡る、シャワーを浴びてる子供たちの姿に見えてきました。

峽:はざま・狹:せまいなどの兄弟漢字がありますが、右側の「夾

キョウ」は、大きい人が小さい人(子供)を、両脇に夾ハサんだ様子で、

「浹」は、まさに水遊びを楽しむ、海水浴の親子の、しあわせな情

景そのものを描いた漢字ですね。今日は、終戦記念日です合掌。

・・・・・・・・。

2011年8月14日 (日)

淆:みだす

Photo

「淆」:コウ、みだれる、みだす。 「氵」:酒と「肴:さかな」で宴会

がみだれる?…、変な漢字ですね。たしかに「メ」は交差してま

ざる様子で、「玉石混淆ギョクセキコンコウ」宝石と石ころが入り交じ

る状態を言い表す言葉ですが、今の政界は、失礼ながら、玉

が見えず、「淆乱コウラン」(入り交じって無秩序な状態)な集団の

見本のようですね。今こそ龍馬のような、心有る人物が現れて

、この混乱の世の乱れをただすリーダーが待たれます。

・・・・・・・・。

2011年8月13日 (土)

淹:おおう

Photo

「淹」:エン、ひたす、おおう。 俺(オレ)の氵(水)のことかな?と思

いましたが、違います「奄オオウ」は「申(のびる)+大(ふたの形)」

で、ふさぐ、かぶせることで、「淹」は水を張っておおいかくす様子

を言う漢字でした。「俺・おれ」は、男が自分をあらわす一人称代

名詞ですが、人を抑えつけた威張った感じのことばですね。 よく

似た漢字に「滝タキ」がありますが、奄オオウでなく、竜タツ(大蛇)の

ような、水の流れを描いた漢字なのですね。水が恋しいです

・・・・・・・・。

2011年8月12日 (金)

涅:ね

Photo
「涅」;ネチ、ね。 「涅槃ネハン」仏教語で、煩悩ボンノウを滅して真

理を悟り知恵が完成する悟りの境地を言う言葉です。また、お

釈迦様の死を意味する漢字だそうです。 「涅」の右の「日と土」

は、捏コねると同義で、ねばる土のこと、 「涅ネチ」は黒いねば土

にまみれさせる、黒に染める様子を表す漢字だと言われます。

津波の後の、黒いヘドロをかぶった被災地を思い出しますが、

氵(水)できれいに洗われ、復興できることを祈っています。

・・・・・・・・。

2011年8月11日 (木)

淬:にらぐ

Photo

「淬」:サイ、にらぐ。 氵:水が卒業する?不思議な漢字ですね。

卒はおわるの意味がありますが、「十、人、人」を上からふたをし

て押さえ込む様子を描き、十把ひとからげの小者「従卒」を表す

文字だそうです。 「引卒」まとめて引き連れる、「卒先」先に立つ

て行くなど、引き締め、締めくくる意味をもち、「淬ニラグ」は、水で

引き締めることでした。刀を鍛えるとき、炭火で真っ赤に熱した

鉄を、水の中に入れて急冷する「焼き入れ」を言う漢字でした。

・・・・・・・・。

2011年8月10日 (水)

涓:しずく

Photo

「涓」:ケン、しずく。 糸扁で「絹キヌ」ですが、氵扁になると、ちょろ

ちょろ流れる水を表す漢字だそうです。 絹糸が細くて透明感があ

りキラキラ光る様子と、細い水流がよく似ていることから、このよう

な文字を書いたのでしょうか?。水のしずくも「涓シズク」と書いたよ

うです。「涓潔ケンケツ」は清くてさっぱりしていることを言う熟語だそ

うですが、意地をはっての清潔さも言うようです。 意地っ張りは、

度が過ぎると、端が迷惑することもあり、要注意でしょうネ。

・・・・・・・・。

2011年8月 9日 (火)

洌:きよい

Photo

「洌」:レツ、きよい。 さらさらと流れる清流の様子、まさに列をな

した水ですね。「清洌セイレツ」は酒がきよいことだそうですョ。 ここ

で「せいれつ」で漢字変換すると「清冽」(水がぴりっとするほど冷

たく澄んでいる様子)になりました。「冽」:れつ、つめたい、はげし

いと言う意味の漢字です。 扁が 「氵」でなくて「冫」は、氷(=冰)

の原字だそうですが、水が氷りになって冷たいのですね。いずれ

にしても、水は清らかで美しく流れていて欲しいものですね。

・・・・・・・・。

2011年8月 8日 (月)

渓:たに

Photo
「渓」:ケイ、たに。 「たに」と言えば「谷、谷川」を思い出します。

が、「谷」は「うつろなくぼみ」だそうです。山の細い川は「渓タニ」

と書くのでした。「渓谷ケイコク」「渓流ケイリュウ」…、60年昔を思い出

しました。学生時代、岐阜の山奥の小学校の校庭で、映画会を

開催して、奨学資金を集めた時。教室に毛布を敷いて泊まった

こと…、夜中に横を流れる谷川のせせらぎの音の涼しさを…。

・・・・・・・・。

2011年8月 7日 (日)

涯:かぎり

Photo

「涯」:ガイ、みぎわ、はて、かぎり。 地のはて、いちばん端ハジ、

「崖ガケ」と同じきりたったがけに、「氵」を付けた漢字で、岸と同義

語だそうです。山中の谷川の、崖の上に杖をついて立つ、白髭と

白髪の仙人、「仙厓上人」を思い浮かべる漢字ですね。今度の震

災で、両親親族を奪われ、天涯孤独の身になった、幼い子供さん

がいます。テレビでの映像では、健気な笑顔を見せてくれますが、

孤独な夜の時間に、どんな思いで耐えているか…、つらいですね。

・・・・・・・・。

2011年8月 6日 (土)

消:きえる

Photo_3

「消」:ショウ、きえる。 昭和20年8月6日、吾輩15歳の少年期、

広島市に原子爆弾投下、約25万人の生命が街毎消えた日です

。今日広島では原爆慰霊碑の前で「平和記念式典」が行われま

す。 あの衝撃的な情景も、遠い昔の想い出として、人々の心か

ら、「消滅」していくのでしょうか…。見えない「放射線」が今度は

「福島」に放出されています。簡単に消えない、しかも幼い子供

達に大きな影響が残されるようです。原発は消えるでしょうか。

・・・・・・・・。

2011年8月 5日 (金)

浣:あらう

Photo
「浣」:カン、あらう。 氵(水)+完は勢いよく水を流して洗う様子

を描いた漢字だそうです。 右の「完カン」は、昔の日本映画で最

後の場面に出てきて、「終オワリ」と同じ意味の漢字です。 「完了」

全部すむ、やり遂げたことですね。「浣腸カンチョウ」と言えば、商品

名「いちじく浣腸」が有名ですが、便秘のひどいときに、このいち

じくそっくりの薬品で楽になるので、愛用者も多いのでしょうか、

ドラッグストアーの胃腸薬の棚に、ずらりと並んでいますね…。

・・・・・・・・。

2011年8月 4日 (木)

浦:うら

Photo

「浦」:ホ、うら。 浦と言えば「浦島太郎」が真っ先に浮かびます。

そして吾輩の愛孫が通うのが「浦島小学校」(横浜市神奈川区)

です。60年前、横浜元町で美容師の修業時代、鶴見から通勤し

ていた途中に、浦島地区があったことに気づきませんでした。昔

の海岸線は埋め立てられて、すっかり様子も変わってしまいまし

た。「津津浦浦ツヅウラウラ」日本中の海岸線が、変化して、浦島太

郎や、羽衣伝説などの風景が消えて無くなっています、残念

・・・・・・・・。

2011年8月 3日 (水)

涕:なみだ

Photo

涕」:テイ、なみだ。 昨日の「涙」ははらはらと散りわかれて

流れるなみだで、「涕」は弟(年下:低い位置)に落ちるなみだ

を表す漢字だそうです。弟の泣く姿を感じさせる漢字ですね。

吾輩の三つ年下の弟がいます、小学校時代有名な腕白坊

でした。校門脇の藤棚の下で「揮涕キテイ」(涙をふりはら)

ら、上級生と喧嘩する姿を今も思い出します。ボクは

遠くから、はらはらしながら眺めている、弱虫でした…。

・・・・・・・・。

2011年8月 2日 (火)

涙:なみだ

Photo

「涙」:ルイ、なみだ。 涙は淚とも書きます、右側の「戻・戾」るが、

戸の中に「大」か「犬」が書かれます。暴れる犬を戸(とじこめる)

様子で、逆らう・もとることを言うそうです。涙は、悲しい涙、悔し

涙、嬉し涙がありますが、どれも、我慢が出来ないで、にじみ出

たり、あふれ出るものです。津波や洪水で亡くなった人の親族が

流す涙、辛さが伝わってもらい泣きします…。 なでしこジャパン

の世界一!歓びの涙は日本中に元気を与えてくれました。

・・・・・・・・。

2011年8月 1日 (月)

涌:わく

Photo

「涌」;ユウ、わく。 湧くと同じ意味の漢字ですね。「湧」は勇ましく

飛び上がるように水がわきでる様子で、「涌」はつき通すように直

線状にふきでる水の様子だそうです。右側の字を並べるとマの下

が「用」と「男」の違いが見られます。 甬は「踊る」とんとんと足踏

みしておどる様子を表し、勇は力の溢れる男の姿を感じる漢字で

すね。さて、今日は八月一日「八朔」です。朔(ツイタチ)月の始め、

まだまだ暑さが厳しいです、健康でお元気を楽しみましょう。

・・・・・・・・。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »