« 紘:ひろい | トップページ | 約:やく »

2011年1月18日 (火)

紋;もん

Photo

「紋」;ブン、もん。 「この紋所が目に入らぬか!」と水戸黄門の

重要な場面で、葵の紋章が出てきますね。 「文」がもと、縄文土

器などの模様の一部を、写した象形文字でしたが、文章、文学、

文言など「文字」を表すようになり、「もよう:模様」を表すために、

「糸でかがって飾る」、糸偏がついて「紋様」なったそうです。 文

は「アヤ」で、やさしいイメージです、紋も色々な糸であみこんで

優雅な紋様を想像させるすてきな文字を感じる漢字です。

・・・・・・・

« 紘:ひろい | トップページ | 約:やく »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紘:ひろい | トップページ | 約:やく »