« 怦:ほう | トップページ | 惚;ほれる »

2010年12月17日 (金)

恍;こう

Photo

「恍」:コウ。 「恍コウ」は、心が光ると書き、キラキラと明るく元

気な感じですが、青江三奈の歌「 女の命は 恋だから 恋にお

ぼれて 流されて 死ぬほどたのしい 夢をみた あとは おぼろ

あとはおぼろ ああ 今宵また しのびよる 恍惚のブルースよ」

と言う、うっとりした、ぼんやりした様子を表す漢字なんですね。

もともと「光」は、頭の上に火をのせた人を示す文字で、四方

に広がる明かりで、本人は、ぼんやり、おぼろ、なのですね。

・・・・・・・・

« 怦:ほう | トップページ | 惚;ほれる »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怦:ほう | トップページ | 惚;ほれる »