« 崩;くずれる | トップページ | 屹:そばだつ »

2010年11月23日 (火)

巒:みね

Photo

「巒」;ラン、みね。 山の上半分「䜌レン」は糸がもつれて、断ち

切れない様子を表す漢字だそうです。戀(恋コイの旧字)と同じ

で、言葉、想いが連綿と続く恋心…。 お山が恋をしてる、悩ま

しい感じの漢字ですね。 「巒みね」は、一つの「峰ミネ」ではなく

ずるずると続く連山のことでした。「青巒セイラン」緑の山々。「重

巒ジュウラン」幾重にも重なる山々。など、書いてみればなるほど

水墨画で観る中国の山水画のイメージがピタリですね。

・・・・・・・・・・

« 崩;くずれる | トップページ | 屹:そばだつ »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 崩;くずれる | トップページ | 屹:そばだつ »