« 穣:ゆたか | トップページ | 秀:ひいでる »

2010年10月28日 (木)

稜;かど

Photo

「稜」;リョウ、かど。 右側の「夌リョウ」は足を筋張らして丘を

登る様子を書いた文字で、禾偏(ノギヘン)で、穀物のすじめの

ついた角を表す文字だそうです。 糸偏では「綾アヤ」と言う漢

字で、「綾織り」すじが見える織物になるのですね。峰続きの

山の線を 「稜線リョウセン」と言います、山の尾根のことですが、

何故「山」偏にしないんでしょうね?。「陵(かどめがはっきり

見えるおか)」という漢字があるそうです(漢字源)。ハイ。

・・・・・・・・

« 穣:ゆたか | トップページ | 秀:ひいでる »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 穣:ゆたか | トップページ | 秀:ひいでる »