« [ | トップページ | 山;やま »

2010年10月31日 (日)

「秦」:はた

Photo

「秦」;シン、はた。 【春ハル】【泰ヤス】に似ている【舂ツク】臼で搗

く事の略字【ダイ】+禾(穀物)で、生長が早い植物の事を表す

漢字(漢字源)だそうです。人名に「秦:はた」さんがありますが

京都の右京区にある「太秦(うずまさ)」には、広隆寺(飛鳥時

代の弥勒菩薩をまつる寺で、この「太秦」の地名は、広隆寺を

おこした秦氏に関係が深い地名ですね。雄略天皇が、秦酒公

(はたのさけのきみ)に「太秦」の別名を授けたと言う話です。

・・・・・・・・

« [ | トップページ | 山;やま »

漢字の感じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [ | トップページ | 山;やま »