« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

鳴;なく

Photo_2

「鳴」;メイ、なる、なく。 なくには、泣く・啼く・哭く・鳴くと四種類の

漢字がありますね。今日は鳥の鳴くの「鳴」です。 「口+鳥」で字

のまま、鳥の口から出るなき声ですね。 と思っていたのですが鳥

ばかりでなく、動物も「鳴き声」といいますし、楽器を鳴らすとも言

います。 雷鳴・共鳴・飛鳴・鳴動・鳴弦などにも当てられています

が、全体に「鳴り響く」様子が感じられる漢字のようです。「大山鳴

動鼠一匹」(大騒ぎしたのに、大したことない)今の政権党?!

・・・・・・・

2010年4月29日 (木)

听;わらう

Photo

「听」;ギン、ポンド、きく、わらう。 いろいろな意味を表す文字で

すね。「斤オノ」は木を切る道具、一斤(600グラム)听ポンド(約453グ

ラム)は重さの単位。听キクは聴の略字で、聞き耳を立てて、まとも

に聞くことの意味ですし、听ワラウは普通の笑いとはちがい、歯茎

を見せてわらう(嘲笑アザケリ)の意味が含まれるようですね。  わ

らうにも、笑う・嗤う・哂う・听う、四文字もあり微妙なわらいを感

させてくれる、漢字の面白さ、楽しさですね。

・・・・・・・

2010年4月28日 (水)

嗤;わらう

Photo

「嗤」;シ、わらい、わらう。 この文字の右の「蚩シ」は、春の日に

地中からはい出てくる虫の姿に見えますね。ムズムズ、ふつふつ

と込み上げる可笑しさ、我慢しきれず笑い出す感じの漢字です。

が、「蚩シ」は愚かなという意味らしく、歯をむいてわらう擬声を表

した文字で、「嗤笑シショウ」は「あざわらう」事でした。笑うのは人間

の特技で、「笑う・咲う」の文字がやはり一番よく似合いますね。

・・・・・・・

2010年4月27日 (火)

哂:わらう

Photo

「哂」;シン、わらう。 口と西で出来た文字ですね。西

は日の沈む方角を言いますが、口が西に沈むとは?。

実は「西セイ」はざる・かごを描いた文字で、ざるから水

がさらさらと流れ去るように、日の光が抜けて行く方向

を「西」と言う訳でした哂(わらう)は、しっと歯の間から

息がでるように、含み笑いを表し、「哂笑シンショウ」は「あ

ざわらう」ことで、本物の笑いとは少し違うんですね。

・・・・・・

2010年4月26日 (月)

咲:わらう

Photo

「咲」;ショウ、さく、えむ、わらう。 「鳥鳴き花笑う」と言

うように、花が開く様子を「笑う」と表現しました。 以前

は、「口+笑」で「さく」と書いたのが、「口+关ショウ」 咲

の俗字になったそうです。 笑も咲も、夭ヨウ(なよなよと

した)人が、ほほえむ様子を描いていると言うのですが

、ふっくらした女性の笑顔も、母性的で優しいです。

初夏の風に乗って、乙女達の笑顔が咲きこぼれます。

・・・・・・

2010年4月25日 (日)

吋:インチ

Photo

「吋」;トウ、ズ、インチ。  「口に寸」漢語では叱る時の

声を表していましたが、今はそういう意味に使わず、英

語のinch:インチに当てる字だと漢字源に書かれていま

す。 一寸(スン)と一吋(インチ)は同じくらいかな?と思いま

したら一吋は約2.54cmで、一寸は3.03cmでした。 寸は

少しの意味もあり「一寸チョット:すこし」違いました。口が

少ない?口が小さい、我が国の「宇宙人宰相」ガンバ。

・・・・・・

2010年4月24日 (土)

呪:まじない

Photo_2

「呪」ジュ、のろい、まじない。 「兄の口」吾輩の兄は柔

道は有段者、は憧れの「男」でした、でも海軍で無理を

し、終戦、復員後に脊髄カリエスを発病して、二十台の

若さで夭逝しました。永い闘病で「病を呪いました」悔

しがりました。昔は「呪と祝」は、どちらも神に祈る事で

したが、祝は幸せを、呪は不幸をねがうようになったよ

うです。60年以上昔、元気な兄の笑顔思い出します。

・・・・・・

2010年4月23日 (金)

呵;か

Photo

「呵」;か。 口が可(よろしい)、可愛い口元、のことか

なと思いきや、「呵々大笑カカタイショウ」からからと大声を

出して、高笑いする様子をあらわす漢字でした。もとも

と可は、のどを屈曲(カギ型に)してかすれた声を出す

意味をもっていて、口+可はふつうの声では無い、特

別な状態を感じさせる漢字ですね。 「呵責カシャク」厳し

く責めて叱る声が、最近の新聞紙上に見られますね。

・・・・・・・

2010年4月22日 (木)

咋;たちまち

Photo

「咋」;サク、たちまち。  「作サク:つくる」「昨サク:きのう」

と同じ「乍サ:ながら」を旁(文字の右側の部分)とした漢

字ですね。「乍」はたちまち、さっと、急に、国語では「な

がら、…しつつ」の意味ですから、「咋」は早口で話す、

何かしながら話す感じですね。 漢字源によると、舌づつ

みを打って食べる、舌打ちして誉める、ざわざわと喧し

くしゃべることを言うとあります、昨今の世相ですね。

・・・・・・

2010年4月21日 (水)

咏;えい

Photo

「咏」:ヨウ、えい。 「永エイ(ながい)」は、「水」が、どこ

までも曲がりくねって流れる様子を描いた字で、ながく

続くことを意味しますね。時のながれもあらわし、「口+

永」は、口から出る声をながく続かせて、歌うようすを表

します。言偏の「詠エイ」も同じく、うたう、よむことですし、

水泳の「泳エイ」は、水の上にながく浮かび、およぐ姿を

表す漢字になります。吾輩は詠い(カラオケ)苦手です。

・・・・・・

2010年4月20日 (火)

味;あじ

Photo_2

「味」;ミ、あじわう。 京都の知人から、今年も筍の宅

急便が届きました。「旬の竹」で筍、漢字は楽しく美味

しいですね。 早速春の「味」を賞味できて、幸せです。

さて、口に「未マダ」(いまだに…しない)と書いて「味あ

じ」?、未満、未熟な…口とは?。未は「木」の上部に、

まだのびきらない、短い「ー」(枝)を描き、食べ物の未

然で微妙なあじを、感じるあじわう様子なんですね。

・・・・・・

2010年4月19日 (月)

呼;よぶ

Photo

「呼」;コ、ク、よぶ。 「乎コ」は「はあ」という息を表しし、

「か・や・より」など、よびかけ、疑問、反問などの意味に

使う文字です。それに「口」をつけてのどを開き、大きな

声でよびかける様子を示す感じになっています。「呼吸

コキュウ」は、息をはいたり吸う事ですが、他人と動作、や

ることの調子が合うことも「呼吸が合う」と言いますね。

打てば響くように「呼応」できる、仲間がほしいですね。

2010年4月18日 (日)

后;うしろ

Photo

「后」;コウ、ゴウ、うしろ、きさき。  后王コウオウは天子

、君子のの尊称で、皇后コウゴウは、お后キサキさま天子

の妻ですね。 ところが、「后」の上部は「人」の字の変

形で、人の後ろの口(穴)で、お尻を示す文字だそうで

す!。始めは「後ろ後方」を示す文字として使われ、宮

殿の後方、奥の院に住まわれる、奥方オクガタを「后室」

として敬愛する感じの漢字なんですね。    。

・・・・・・

2010年4月17日 (土)

右:たすく

Photo

「右」;ユウ、みぎ、たっとぶ、たすける。 上の「ナ」は象

形文字で「右手」を表し、口を右手でかばう、様子を描い

た文字だと言われます。 昔中国では、右を尊び上位に

見ていましたが、左翼的共産主義に変更されました。

日本で「右」は、保守的なグループ、「右翼」は国粋主義

で過激派をさします。 「右顧左眄ウコサベン」右を向いたり

左を見たり、決断できないリーダーには迷惑しますね。

・・・・・・

2010年4月16日 (金)

司:つかさ

Photo

「司」:シ、つかさ。 司令、司直、司法など有司(役人・

役目を担当する人)ですね。「司」は「一口」をカギ括弧

( 「 )で囲む形で、口を塞いで責任逃れをする人が時々

現れて、話題になります。司会者が口を閉ざしては、仕

事になりませんね。実はカギ括弧は「人」の変形で、口

(穴)を「覗ノゾ」き込む人を表す漢字でした。  龍馬伝の

原作者の司馬遼太郎の司馬は中国の名門の姓です。

・・・・・・

2010年4月15日 (木)

合:あわす

Photo

「合」;ゴウ、あう、あわせる。 口にふたをかぶせ、食べ

られない、話せない感じの漢字ですね。 ここでの口は

「あな」で、穴にフタを、ぴたりとあわせることでした。集

合、連合、出合う、意気投合、など、多くの熟語がある

文字ですね。 春は沢山の若者達が、試験に「合格」し

て、新入学生・新入社員として、スタートを切りましたが

学風、社風に合致して、成長されるよう神仏に合掌です。

・・・・・・

2010年4月14日 (水)

句;く

Photo_3

「句」;コウ、く。 口に、鉤括弧カギカッコをつけて言葉や

文章を句切ること、俳句や詩文のような言葉の流れを

区切って、意味やイメージを強調しますね。このブログ

でも、七行でまとめようとして、句切りや、語句を色々

工夫して選んでいます。後で読み返して、いつも反省

してますが、俳句や川柳を鑑賞してみなさんの、感性

や、構想力のすばらしさ、深さに感心、絶句してます。

・・・・・・

 

2010年4月13日 (火)

各:おのおの

Photo_2

「各」;カク、おのおの。 「夂チ」(足)と「口」(固い石)と

書いて、こつん、こつんとつかえて止まる様子を表した

文字で、「路ミチ」の字の右も、この各が使われています

ね。 時代劇で、仲間に呼びかける「おのおのがた」は

「各各方」です。今も「各位;みなさま」「各自めいめい」

などと公式文書などで使いますが、堅苦しくて古くさい

表現だと感じる漢字です。

2010年4月12日 (月)

召:まねく

Photo

「召」;ショウ、めす、まねく。 「刀と口」で呼び出す、脅

してる感じの漢字ですね。口で呼び寄せるのが「召」で

手でまねきよせるのが「招」なんですって。  いずれにし

ても、召は目上の人からの招き、お召しなど敬語です。

目上の人々の、所作や動作をあらわす、言葉としても

「お召しになる(着る)」「思し召す(思い)」「召し上がる

(食べる)」など、丁寧な表現、敬語の代表でしょう。

・・・・・・

2010年4月11日 (日)

台:だい

Photo

「台」;ダイ、われ。 ムと口で「無口ムクチ」と読んでは台

無し(だめになる、話にならない)ですね。旧字は「臺」

で、土と至(高)と書き、土を高く積み上げた見晴らし台

を表して居るのでした。臺と台ではイメージ感じがまる

で違ってきます。今では、臺本:台本ダイホン(脚本)、舞

臺:舞台ブタイ、屋臺:屋台ヤタイのように、「台」が普通に

なっていますね。小学生にはこの方が「楽」ですが…。

・・・・・・

2010年4月10日 (土)

吉;よし

Photo

「吉」キチ、よし。 「吉」は中身が充実した壺に蓋をした

様子を描いた文字だと言います。「吉日」は良い日、め

でたい日の事ですね。よく見ると、「士サムライの口」と書

かれていて、真面目な武士が、口を結んで正座してる

姿にも見えてきますね。吉人キツジン(良い人)吉士キッシ

(りっぱな男)、吉兆・吉祥(良いことが起こるしらせ)、

「吉祥天女キショウテンニョ」など、感じの良い漢字です。

・・・・・・・

2010年4月 9日 (金)

吾:われ

Photo

「吾」ゴ、わが、われ。 われには「我ガ」と「吾ゴ」の二

字がありますね。吾輩(ワガハイ)としては、「吾」が好き

です。我は、「蛾ガ」(蝶々に似て、夜に飛び回る)にも

使われ、「私が…、我が…」と「我を張る」感じが好きに

なれないのです。「語カタル」の原字と言われますが、こ

の「吾ワレの言葉」自分の体験を、言葉少なく(五口で)

伝える姿勢が、「話(舌先千口)」とちがう善さですね。

・・・・・・

2010年4月 8日 (木)

咬:かむ

Photo

「咬」;コウ、かむ。 口偏に交わる?不思議な漢字です

ね。「交コウ」は人が立って足をX状に組むすがたの漢字

で、まじわる、まぜる、こもごも、と言う意味です。 口が

交わる…、喧嘩ケンカの一種でしょうか、接吻キッスの様子

かも…、と想像したら、実は上下のあごや歯を交差させ

てぐっと「かみしめる」ことでした。「咬咬コウコウ」と言うの

は鳥のさえずる声を形容する漢字でもありました。

・・・・・・・

2010年4月 7日 (水)

吽:うん

Photo

「吽」;ゴウ、うん。  【阿吽】アウン。呪文ジュモンを唱える

ときの声。 「阿」は、口を開いて出す音声。「吽」は、口

を閉じて出す音声、人の呼吸を表すようです。  寺の本

堂の左右にある仁王や、神社のこま犬は、一方は口を

開き、一方は口をとじていますね。牛が口を閉じて鳴く

声は、力のこもった、「我慢強さ」の象徴のようですね。

昔の「あ~う~」と、いつもうなる総理大臣が居ました。

・・・・・

2010年4月 6日 (火)

叩;たたく

Photo

「叩」コウ、たたく。 卩(ひざまづく人の姿)に口(くち)と

書く文字で、叱られて謝っている人に見えてきますね。

まさに「叩頭コウトウ」は、ひれ伏して頭で地面をたたくよ

うにおじぎすることでした。「叩門コウモン」は、人の家を

訪ね、門を叩く様子をあらわす漢字です。いかにも「コ

ツコツ」と「ノック」する感じの漢字にも見えてきました。

・・・・・・

2010年4月 5日 (月)

叫;さけぶ

Photo

「叫」;キョウ、さけぶ。 「丩;キュウ」の付く文字には「糾:

キュウ」や「収シュウ」がありますね。「丩」は「紛糾フンキュウ」

(複雑にもつれる様子)の糾の原字で、縄ナワをよじり合

わせた様子で、「収」収穫、収集など、二本のなわやひ

もを、又(手)をそえて集める様子をあらわすそうです。

「叫」は、口からしぼり声(金切り声)で、「キャーッ」とさ

けぶ様子、糾弾、絶叫、号叫、阿鼻叫喚すごいですネ。

・・・・・・

2010年4月 4日 (日)

吟;ぎん

Photo

「吟」ギン、うめく。 今の口?、口が今?何をしてる?。

ふしぎな文字ですね。吟の右は「今コン」で「いま・現在」

ですが、字形は何かをふたでかぶせる様子で、「吟」は

口に含んで声を出すことでした。  「詩吟・謠吟」は漢詩

に節を付けて「うたう」事です、実は義兄が詩吟の師匠

をして、あちこちで指導をされていますが、朗々と吟ず

る姿勢と声は素晴らしいものです。健康にも良いです。

・・・・・・・

2010年4月 3日 (土)

吸;すう

Photo

「吸」キュウ、すう。 右の「及キュウ」は、人+又(手)で、

逃げる人を手で捉える様子、吸は口が及(追いつき)

すいつくことです。息をするのは「呼吸コキュウ」、勉強で

知識を「吸収キュウシュウ」する、「吸吸キュウキュウ」はせきあ

げて悲しむ様子、こちらの「汲汲キュウキュウ」は、水を汲み

上げ続けるさまで、次々起こる事態の処理に苦労する

様子です。が、口偏、氵偏でどちらも大切な漢字です。

・・・・・・・

2010年4月 2日 (金)

唯:ゆい

Photo

「唯」ユイ、ただ。 「隹トリ」しっぽの短い鳥を表す漢字と

「口」で、ピーチク囀(サエズ)る雀のくちばしかな?と思い

ました。  が、唯は「唯一ユイイツ; ただ、それだけ」とか、

「唯々諾々イイダクダク;ただ、はいはいto言いなりになる」

など、受容的な感じの漢字でした。ただし、お釈迦様の

「天上天下、唯我独尊ユイガドクソン」の言葉を、勘違いし

て俺が俺がと、うぬぼれる政治家には困ります  。

・・・・・・

2010年4月 1日 (木)

叶;かなう

Photo

「叶」;キョウ、かなう。 今日は「四月馬鹿」人を騙して

も許される日ですが、騙されるのはやっぱり嫌ですね。

四月一日、新入社員の、厳しい「就活」の甲斐があり、

夢が叶っての「門出の日」です。おめでとうございます。

「叶」は十と口、「十」は多くのものが、まとまる、あつま

る様子で、夢は漫然と思うのでなく、口で言葉にして、

十回以上語ることで、はっきりし、実現するのですね。

・・・・・・

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »