« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

源;げん

Photo

「源」;ゲン、みなもと。 「原」が「崖の泉」と書き、

それに「氵:みず」がついて、水源を表す文字な

んですね。源泉や源流など、水流のもとのいみか

ら、物事の起源や、根本を「源:みなもと」と言

うわけです。我が輩の家系は「源氏」の末裔らし

いです。(6月30日分)  。安心。

・・・

・・

2009年6月29日 (月)

進:しん

Photo

「進」:シン、すすむ。 辶(みち)を隹(とり)が歩く

様子で、「すすむ」なんですね。

友人知人に「進すすむ」さんが何人か居ますが、

わりあい大人しい人柄が多いようです。

「隹」は「雀」のように、しっぽの短い鳥のことらし

く、大人しい感じの漢字ですね。  安心。

・・

2009年6月28日 (日)

原;げん

Photo

「原」;ゲン、はら。 原っぱ、野原で広々した感じの

漢字ですが。なんと! 【厂(がけ)+泉】で岩石の

丸い穴から、水が湧く泉のことですって。

そう言えば、原因とか、原始とか、始めのことを云

いますね。

泉から湧く水によって、草原が広がるので、原野に

なったのでしょうか。   安心。

2009年6月27日 (土)

玩;がん

Photo

「玩」;ガン、もてあそぶ。 元はもとは人の頭を表す

字で、「玩」は王のあたまとなりますね。

もてあそぶなどとは、とんでもないことですね。でも

「王」は実は「玉」で、両手をまるめて、中に玉をころ

がして感触をたのしむ様子をあらわす漢字でした。

「玩具」「おもちゃ」は、こども達の宝ものです。 

・・・

・・

2009年6月26日 (金)

元:げん

Photo

「元」ゲン、もと、はじめ。 元旦;ガンタン 一月一日

の朝のこと。元気;心身の健康で快活なこと。

人名として元は「あさ・つかさ・はじめ・はる・まさ・

もと・ゆき・よし」など男子のなまえに多く見えます。

「元気」を「もとき」と読ませた親御さんもいます、

「げんき君  」も良いですね。  安心。

・・・

・・

2009年6月25日 (木)

迷:めい

Photo

「迷」:メイ、まよい。 梅雨時で、どんよりした上空

降りそうで降らない空模様で、傘を持とうかどうか

迷って、持って出かけたら、帰りまで降りませんで

した。本屋さんで、買うか止めるか迷ったり、初め

ての道に迷ったり、「辶に米」で、道に米粒が撒か

れたのを拾い集めるもどかしさを感じます。 

・・・

・・

2009年6月24日 (水)

露:つゆ

Photo

「露」;ロ、つゆ。 朝によわい吾輩は、朝露を見ること

がほとんどありません。

先日早朝に出かける用事があって久しぶりに「朝露」

を観て、感動しました。キラキラと光り、あじさいの花

の色も一段と美しく感じました。

一見「雨の路」を表す漢字ですが、甘露、玉露など、

美味しさを表現する字でもありますね。  安心。

・・・

・・

2009年6月23日 (火)

雲:くも

Photo

「雲」;ウン、くも。空気ちゅうの水分が細かい粒とな

り、もやもやとまとまって空に浮かんでいるもの。

この字を見つめていると、雨の下で文句をってる

感じの漢字です。「行雲流水」;雲のように、水の流

れるように、物事に執着せず、自在に生きる人生を

夢見て。   安心。

・・・

・・

2009年6月22日 (月)

Photo

「雷」;ライ、かみなり。 今、外はすごい雨です。

まだ梅雨の最中ですが、雨が降らなくて、お困りの

地域に贈りたい想いです。

子供時代には雷は恐くって、すぐ「蚊帳」の中に逃

げ込んだのですが、長雨の後、雷が鳴り響くと、梅

雨が明けて、ワクワクの「夏!・天国」でした。 

・・・

・・

2009年6月21日 (日)

Photo

「霓」ゲイ、にじ。 虹:にじは、雨上がりに出るので、

雨の兒(児:こども)と書くようですね。

虹の虫偏は、なんと蛇のことで、大空に大蛇が昇る

様子を表す漢字らしいのです。

雨の児の方は、「霓;にじの根本には金の壺がある」

と言い、それを探し訪ねる子供達のすがたと重ねると

可愛い感じの漢字に見えてきました。  安心。

・・・

・・

2009年6月20日 (土)

Photo_2

「零」:レイ、しずく。 テストで「零点」  。そんな

夢も見なくなって、ずいぶん経ちました。

「零」は雨+令で、令は冷たく清らかな意の文字で、

雨や水などが、垂れるようにおちる感じの漢字でし

た。いよいよ梅雨、しとしとと降る小雨を、「零雨」と

書くのも、風情がありますね。  安心。

・・・

・・

2009年6月19日 (金)

Photo

「雰」:フン、きり。 普通は「囲気」、その場の状

況や、状態、気分などを言う時につかう文字です。

よく見つめると「雨+分」で、雨が細かく分かれて

「きり雨」のようになる様子が想像できますね。

周りが「きり」に包まれて、見分けができないと言う

感じの漢字でもあります。  安心。

・・・

・・

2009年6月18日 (木)

Photo

「雨」:ウ、あめ。 「うっとうしい梅雨…」などと言い

ますが、もし雨が降らなければ、生物は生きて行け

ません。 月から眺めた、青い地球の姿は、とても

美しく感動しました。雨が降ってくれるからこそ、雨

が無く砂漠化したら、人類も滅亡です。ただし温暖

化での海面上昇は止めなければなりません。 

2009年6月17日 (水)

Photo

「犬」:ケン、いぬ。 人が一人で「大」です。その大に

点を付けて「犬」ですね、そして「太」もあります。

人間には無くてはならない「太陽」のように、犬も人に

とっては、長い付き合いで、ほとんど家族の一員です。

吾輩はどちらかと言えば「犬好き」で、「猫」ちゃんに

嫌われます。何故か、苦手です。     安心。

2009年6月16日 (火)

Photo_3

「訂」:テイ、ただす。 訂正、改訂など文字の誤りを

正しくなおすときに使う文字です。

「丁」は「釘」のあたまとか、相手にズバリ釘を刺す

ような厳しい訂正は良くありませんね。

この字も、よく見ると【言に丁】と書いて、丁度良い

言葉とか、丁寧な言い方とかの意味も感じられる

漢字ですね。       安心。

・・・

2009年6月15日 (月)

Photo

「計」:ケイ、はかる。 計算、計画、計略など、やや

冷たく、鋭い感じの漢字ですね。

でも、十言(とこと)は、一言(ひとこと)にくらべると、

言葉が多くて、うるさい感じもありますね。

この右の「十」は、縦と横が交わる姿で、ちょうど町

の中心とか、言葉(こと)の中心的なイメージを感じ

ることもあります。と今日は余計な話…  安心。

・・・

・・

2009年6月14日 (日)

Photo

「詞」:シ、ことば。 「司:つかさどる」と「言」で、

会者という感じの漢字ですね。

祝詞(辞)、答詞(辞)、弔詞(辞)、誓詞など、言葉を

上手にまとめた文章のイメージをもっています。

名詞・動詞・品詞・助詞など、単語の分類にも使われ

る文字です。                   安心。

・・・

・・

2009年6月13日 (土)

Photo

「討」:トウ、うつ、たずねる。 討論、討伐、討ち死に

など、殺伐さを感じる漢字です。

が、良く眺めると、一寸した言葉「寸言;短いが意味

の深い言葉。」と読むことも出来ますね。人と人との

楽しい会話で、その一言でもっと、たのしく、嬉しくな

る「寸言集」を作ろうかナ…。        安心。

・・・

・・

2009年6月12日 (金)

Photo

「説」セツ、とく。 右半分の「兌:ダ」は【八+兄】で

開けた兄、脱や悦と同じで裸になって悦;よろこぶ

様子をあらわしている漢字らしいです。

言葉で悦にする、小説はまさにそうですね。説明

説法、説教、説諭など、ことばで説く、分かり易く

聞かせることの難しさ、大切さも感じます。安心。

・・・

・・

2009年6月11日 (木)

Photo

「諸」;ショ、もろもろ。 諸君;君たち、諸兄;兄たち

諸姉;あねたちなど、複数の人への敬称として使う

文字です。

言+者で、何か一言を言う者(人)なんでしょうか?。

諸人(もろびと)とか、小諸なる古城のほとり雲白く

遊子かなしむ…島崎藤村など、「諸」はやさしい詩情

を感じる漢字ですね。              安心。

・・・

・・

2009年6月10日 (水)

Photo

「誰」:スイ、たれ。 「隹:トリ」は、雀・雉など鳥を表

す文字で、それに「言」をつけた、おしゃれな感じの

漢字ですね。 夕方薄暗がりで人の顔が見分けにく

いので、「誰だあれは?」「誰そ彼;たそがれ」と言い

明け方は「かはたれ:彼は誰」と言うようになったとか

、誰が言い始めたのか、洒落ていますね。  安心。

・・・

・・

2009年6月 9日 (火)

Photo

「記」キ、しるす。 日記の記、記事、記憶、記録、記念

など「己」の思いや事柄をメモしたり、思い出すしるしな

どが、記;しるす、覚え書き、なんですね。

吾輩も、何か思い浮かぶと、手帖でなく、メモ用紙に書

いておきます。時々、何の事やら、思い出せないメモも

あります。でも、それがまた、面白い方向に発展して、

楽しいことへ進めるキッカケになるんです。はい!安。

2009年6月 8日 (月)

Photo

「言」ゴン・ゲン、いう・こと。 じ~っと見てると……、

【二=口】ですね。一言多いんです、吾輩の事です。

「話すな語れ」「千口より五口」などと言ったり書い

たりしてるわりに、一言、いや二言多いんです

「一字一言」などと言いながら、今日で148字です。

「言」は「辛+口」なんですって!!。訓読みでは、

いう(いふ)/こと/ことば/われ/ここに/げん、

と読むのです。今週は言偏の漢字です。 安心。

・・・

・・

2009年6月 7日 (日)

Photo

「学」:ガク、まなぶ。旧字は「學」。 随分学校へ通い

ました。小学校から工業学校、高専、大学、美容専

門学校、16年間!!!。好きではありませんでした

でも、その間心に残る「学び」は、お二人の先生から

頂いた教えです。學の上の部分は、先生の両手です

メメは先生との交流の様子とか、お二人の先生との

交流が今の吾輩の身体の芯に生きています。感謝。

2009年6月 6日 (土)

Photo

「嚇」:カク、いかる。 赫は、赤赤と火が燃える様子で、

その赫に口がついた「嚇」は、元気一杯の応援歌では

ないか?と思いました。実は、顔を真っ赤にして、激怒

をしてる漢字でした。

足利事件。無実なのに17年も刑務所に入れられた、

菅谷さんは、テレビの中での対応が、とても冷静でした、

横の弁護士さんの方が「嚇嚇」してるようでしたネ。

・・・

・・

2009年6月 5日 (金)

Photo

「頑」:ガン、かたくなな。 頁の元;はじめ。

年の初めを元旦と言うように、本などの一番最初の

書き出しの頁、新鮮な感じの漢字ですね。

が、頑固;がんこで道理のわからぬ人を言う言葉で

もあります。友人の中に一人います 、今は皆が

受け入れていますが、やがて頑迷で迷惑がられな

いことを念じているところです。       安心。

・・・

・・

2009年6月 4日 (木)

Photo

「意」:イ、おもい。 音+心、心の中の音:おもいを

めぐらして、表に出さない様子を示す文字。

「意図」「意表」「意味」「意気」「意中」「意外」「意欲」

など多くの言葉があります。

「意思」の「思」は、心+田:あたまで、心と頭の協

同作業、心の中で深く考えた「思い」を外に出さず

に、強く心に誓う、感じの漢字ですね。  安心。

・・・

・・

2009年6月 3日 (水)

鹿

Photo

「鹿」:ロク、しか。 象形文字で、しかの姿を描い

た漢字。昨日の「馬」と並べて【指鹿為馬】;「鹿を

指さして馬と為す」という、皇帝に鹿を差しあげて

馬だといい、鹿だと言った者を、罪に陥れた故事

があるようです。「馬鹿」な話ですね。   安心。

・・・

・・

2009年6月 2日 (火)

Photo

「馬」:バ、うま。 象形文字で、いかにも逞しく元気

に駈けるウマの姿をあらわす漢字ですね。

吾輩じつは「午年:うまどし」生まれで、あちこちに、

馬の置物や絵や写真が飾ってあります。小学生の

頃軍馬の世話を一年くらいして、馬にも乗れました

。馬齢をかさね、【馬耳東風】と他人様のご意見を、

聞きながす事の無いように、注意します。 安心。

・・・

・・

2009年6月 1日 (月)

Photo

「趣」シュ、おもむき。 趣味の趣で、余裕を感じる

漢字だと思っていました。

ところが、よく見れば、「走って取る」なんですね。

さっさと足早に行く様子だったんです

「趣旨」考え方や訳、目的などのことですが、でも

「趣向」はおもしろい工夫、「趣味」は風情のある

面白さや、個人として好きなことを楽しむ様子の

感じの漢字で、ホッとしました。      安心。

・・・

・・

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »